このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図-20110605
事例作成日
(Creation date)
2011年06月05日登録日時
(Registration date)
2011年07月12日 14時18分更新日時
(Last update)
2011年08月02日 14時24分
質問
(Question)
長崎 敏音(ながさき としお)1888.12.15~?について知りたい。親族等はいるか。
回答
(Answer)
・御大典記念福井県人之精華 昭和4 H280/Z3/1  p141  肖像あり
・土木人物事典 平成16年 510.3/フシイ p214-215 経歴有り
 親族等 詳細はわかりませんでした。
回答プロセス
(Answering process)
下記文献を調査。
・御大典記念福井県人之精華 昭和4 H280/Z3/1  p141に記述あり
・関東在住福井県人史 大正12 H280/H20/3   掲載なし
・県外在住福井県人史 大正14 H280/H20/1   掲載なし
・東京在住新福井県人録 昭和5 H280/H9/1   掲載なし
・近畿在住福井県人史 大正10 H280/W/1    掲載なし

福井県に生まれる。1898年、工手学校土木科卒業後、福井県、つづいて千葉県に勤務した。1906年、東京市に移籍。月島や芝浦などの埋立事業と河川の改修工事に従事。また、工手学校の教授を務める。1918年、内務省に都市計画課が設置された際、招請されて六大都市の都市計画に参画。1919年、都市計画実行に移すため、名古屋市土木課長に転出、第一期街路築造事業として六大幹線の計画を樹立し実施する。これは同市の新都市としての計画の噂失となった。その後、呉市土木課長に転じ、呉港海陸連絡工事などにあたる。1923年には、豊橋市土木課長に招かれ、その後技師長、工務課長、水道部長を兼任、同市の土木、都市計画、営繕事業の推進に尽くした。これにより「豊橋市の長崎」の異名をとる。街路工事執行に当たって議会との間に軋轢が生じたため、豊橋市に「去り状」を投げつけ、市民へ辞任の挨拶を述べて1936年に退職した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
建設工学.土木工学  (510 8版)
個人伝記  (289 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
都市計画
工手学校
土木科
豊橋市の長崎
福井県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000088407解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!