このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中新聞-2011-0003
事例作成日
(Creation date)
2011/06/21登録日時
(Registration date)
2012年03月29日 02時01分更新日時
(Last update)
2012年03月29日 11時27分
質問
(Question)
各都道府県における公立高校女性校長第1号に関する資料について調べている。18県(宮城、山形、茨城、富山、石川、長野、兵庫、奈良、鳥取、島根、広島、山口、香川、高知、福岡、熊本、鹿児島、沖縄)以外の県で資料があれば知りたい。
回答
(Answer)
(1)読売新聞データベースヨミダス歴史館にて新聞記事となった、各都道府県の公立高校女性校長第1号を検索し、登用年度・学校名・校長名・新聞名を調査しました。

山形県 2000(H12)  山形県立米沢商業高等学校   五十嵐京子 『読売新聞』朝刊山形2  29頁
東京都 1989(H1)    都立桜町高等学校      荒田雅子 『読売新聞』朝刊都民2 25頁
石川県 2003(H15) 石川県立野々市明倫高等学校 梶本逸子 『読売新聞』朝刊石川2 37頁
          石川県立金沢錦丘高等学校  村井加代子 『読売新聞』朝刊石川2 37頁
福井県 2004(H14) 県立学等学校4人(個人名の記載なし) 『読売新聞』朝刊福井 33頁
山梨県 2003(H15) 山梨県立甲府南高等学校   坂本悦子 『読売新聞』朝刊山梨2 33頁
長野県 1999(H11) 長野県立長野西高等学校   中沢延子 『読売新聞』朝刊長野2 25頁
岐阜県 1972(S47)  岐阜県立大垣女子高等学校  青木時子 『読売新聞』朝刊 4頁
静岡県 2001(H13) 静岡県立富士宮東高等学校  佐藤玲子 『読売新聞』朝刊静岡2 33頁 
※②静岡県に後述
          静岡県立伊藤城ケ崎高等学校  飯塚和子 『読売新聞』朝刊静岡2 33頁
奈良県 2000(H12) 奈良県立富雄高等学校    藤田康子 『読売新聞』朝刊セ奈良 35頁
岡山県 2002(H14) 井原市立高等学等学校    高木弘子 『読売新聞』朝刊岡山 31頁
          県公立真備陵南高等学校  山本美枝子 『読売新聞』朝刊岡山 31頁
山口県 2000(H12) 山口県立熊毛北高等学校  山田征枝 『読売新聞』朝刊山口 32頁
熊本県 2004(H16) 熊本県立阿蘇高等学校   高宗みさ子 『読売新聞』朝刊熊北 32頁
鹿児島県2009(H21) 鹿児島県立野田女子高等学校 祁答院宮子 『読売新聞』朝刊鹿児島 35頁



(2)全国の新聞を横断検索できるデータベースG-sarchにて新聞記事となった、各都道府県の公立高校女性校長第1号を検索し、登用年度・学校名・校長名・新聞名を調査しました。

秋田県 1998(H10) 秋田県立秋田西高等学校   芳賀京子 『秋田魁新報』3.23
山梨県 2003(H15) 山梨県立甲府南高等学校   坂本悦子  『朝日新聞』山梨3.20 30頁
大阪府 1987(S62) 大阪府大手前高等学校    緒方淳子 『日本経済新聞』大阪朝刊4.1 16頁
富山県 1997(H9) 富山県立富山商業高等学校  高岡   『北国・富山新聞』朝刊 1頁
          富山県立富山東高等学校   新川   『北国・富山新聞』朝刊 1頁
静岡県1998(H10) 富士市立吉原商業高等学校  佐藤玲子 『静岡新聞』朝刊 2頁
※2001(H13)に静岡県初の県立高等学校女性校長となる。
①静岡県に前述。
鳥取県 2009(H21) 鳥取県立青谷高等学校 橋本代理子 『朝日新聞』鳥取 35頁  
香川県 2000(H12) 香川県立高松東高等学校   宮城公子 『四国新聞』朝刊 1頁
高知県 2004(H16) 高知県立窪川高等学校    渡辺紀  『高知新聞』朝刊 1頁
佐賀県 2005(H)17  佐賀県立厳木高等学校    吉富啓子 『佐賀新聞』
長崎県 2001(H13)  長崎県立川棚高等学校    岩本喜子 『長崎新聞』 22頁
沖縄県 1998(H10)  沖縄県立与勝高等学校   津嘉山るり子 『琉球新報』 25頁

  

(3)当館で所蔵している『学校基本調査報告書』の高等学校職名別教員数(本務者)の表で、各都道府県の校長の女性の数を調査したところ、最初に出てくる年は次のようでした。
※『学校基本調査報告書』○年版には、○年の調査数が掲載されています。

北海道S44 青森県S56 岩手県H4  宮城県S28 秋田県H10 福島県S57 茨城県H1 栃木県H5 群馬県S54 埼玉県S59 千葉県S62 東京都H1 神奈川県S57 新潟県S57  岐阜県S47 静岡県H10 愛知県S49 三重県S62 滋賀県H7 京都府S54 大阪府S62
兵庫県S50 和歌山県H4 鳥取県H21 島根県H11 広島県H7 徳島県H8 愛媛県H7 福岡県S28 大分県H11 宮崎県H20


(4)人事異動が掲載されている新聞について

・G-searchの収録紙・収録期間外でも、『学校基本調査』で最初に公立高校女性校長数が確認された年が女性高等学校長初登用の年と仮定し、その年の人事異動が掲載されている新聞を調査すると、情報が得られる場合があります。
・千葉県を例にとってみると、千葉県の地方紙である『千葉日報』はG-search収録対象外でしたが、『学校基本調査報告書』を見てみると、昭和62年に初めて女性高等学校長数が確認されています。そこで、その年の人事異動が掲載されている新聞を調査したところ、以下の記事が確認できました。
『千葉日報』 昭和62年3月27日 1面 「初の女性高校長に五関さん」
・他県についても同様の方法で情報が得られると考えられますので、ご希望の県の県立図書館等に依頼するか、国立国会図書館に行って調査ができると思われます。
回答プロセス
(Answering process)
(1)「学校に関する名鑑・リスト | 調べ方案内 | 国立国会図書館」( http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi) を見ると、下記には校長名が載っている。
国会、NACSIS共に古いもの所蔵なし。
『全国高等学校一覧』 (全国高等学校長協会[編] 全国高等学校長協会 1950.12-)

(2)Cinii( http://ci.nii.ac.jp/ )で、女性校長に関連する記事を検索した。

「調査 女性校長の割合、全校種でアップ--日本橋学館大の池木教授が管理職進出度調査」
『内外教育』(5464号),p12-13,2004.3.23

「調査 女性校長の総数は4615人に--文科省「公立学校長・教頭の登用状況調査」
『内外教育』(5371号),p2-6,2003.3.11

「調査 女性校長の割合、全校種でアップ--日本橋学館大の池木教授が管理職進出度調査」
『内外教育』(5282号),p2-3,2002.3.22

「調査 全体の13.9%が新任校長--女性は5.9%増え4321人 文科省「公立学校長・教頭の登用状況調査
『内外教育』(5277号),p2-6,2002.3.5

「〈調査〉21府県で女性の高校長ゼロ--日本橋女学館短大の池木教授が調査」
『内外教育』(5131号),p4-5,2000.8.4

「女性校長の割合初めて10%台に--学校数減少響き登用率低下目立つ--文部省が1999年度公立学校校長・教頭の登用状況調査」
『内外教育』(5087号),p2-6,2000.2.25

(3)G-Search、日経テレコン21で各県の公立高校女性校長第1号を県名、女性、高校、初、校長などのキーワードを組み合わせて検索し、登用年度・学校名・校長名・新聞名を調査した。

(4)高校長の性別人数が掲載されている『学校基本調査報告書』を昭和28年から調査し、公立高校女性校長が初めて出てきた年を確認した。

(5)『学校基本調査』で最初に公立高校女性校長が確認された年の人事異動が掲載されている新聞を調査した。

(インターネットの最終アクセス:2012年1月12日)


事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
学校経営.管理.学校保健  (374 9版)
参考資料
(Reference materials)
『学校基本調査報告書』(昭和28,39,40 文部省調査局統計課)
『学校基本調査報告書』(昭和44,47~平成12 文部省大臣官房調査統計課)
『学校基本調査報告書』(平成13~平成21生涯学習政策局調査企画課
キーワード
(Keywords)
公立高等学校
女性校長
登用
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000104488解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!