このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
21-23
事例作成日
(Creation date)
2002年05月02日登録日時
(Registration date)
2009年10月24日 15時24分更新日時
(Last update)
2013年11月09日 11時37分
質問
(Question)
数学史家・三上義夫宛ての書状の中に、差出人が「土方」とのみ書かれているものがあった。日付は明治四十四年一月十八日。便箋が松山中学校のものなので、先生ではないか。
回答
(Answer)
おそらく教員・土方仙作氏。
回答プロセス
(Answering process)
【資料1】木山慎一「恩師の巻」に「土方(仙作)は大正十五年まで二十一年間松中にあり、教頭、生徒監にまで進んだが「どか仙」の尊称のもと生徒には怖い存在だった。数学、化学を担当していたが、父兄会の席上X光線、無線電信の実験をしてみせたり、運動会の余興に大型紙風船に水素を入れて空中たかくとばしたり、興味をひきつけて科学づける教授ぶりは堂にいっていた。厳格だったが、職員会議で落第寸前のもののため、この方面に伸したらよいと最後まで支持したりする温情もあった。土方と野球部長もまたゆかり深いものである。」とある。
手紙の書かれた明治44年は在職中であり、数学担当ということから、土方仙作氏と考えてよいだろう。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
数学  (410 9版)
学校経営.管理.学校保健  (374 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『松山東高校 創立80周年』(愛媛県立松山東高等学校、1960)
キーワード
(Keywords)
三上義夫(みかみよしお)
愛媛県立松山東高等学校
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000058974解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!