このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000182653
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2015-079
事例作成日
(Creation date)
2015/06/24登録日時
(Registration date)
2015年10月21日 18時44分更新日時
(Last update)
2016年01月15日 17時52分
質問
(Question)
日本・旧ソ連・先進国の乳児(幼児)死亡率・出生率の長期的な統計資料が見たい。
回答
(Answer)
質問に関する統計の記載のあった以下の資料を紹介した。

『人口動態統計の国際比較:人口動態統計特殊報告』(厚生省大臣官房統計情報部 1994)
 p12 先進7カ国の出生率の年次推移グラフ(1950-1992)あり。
 p25 主な16カ国について乳児死亡率の年次推移グラフ(1947-1992)あり。
 p44-49 「第1-2表 主な国の出生率(人口千対)の年次推移」(1947-1992)表あり。
 p150-155 「第8-2表 主な国の乳児死亡率(出生千対)の年次推移」(1947-1992)表あり。

以下3点の資料は各年で刊行されており、出版年により項目名や統計掲載年が異なる。
『世界の統計』(総務省統計研修所編 総務省統計局)
 「人口動態」の表に出生率・乳児死亡率あり。「出生率の推移」の表に各国の年平均出生率あり。
『国際連合世界人口年鑑』(国際連合原著編 原書房)
 世界各国の出生率、乳児死亡率の記述あり。
『国際連合世界統計年鑑』(国際連合統計局編 原書房)
 各国の普通出生率・乳児死亡率の数値あり。ソ連は1954年からの数値のみ。

インターネット情報
《主要統計》( http://www.oecd.org/tokyo/statistics/  OECD 2015/06/08最終確認)
主要統計 〉健康 〉新生児死亡率、新生児千人当たりの死亡率
 OECD加盟国の2001-2012年までの新生児死亡率の表あり。

《総務省統計局》( http://www.stat.go.jp/  総務省統計局 2015/06/08最終確認)
ホーム > 統計データ > 日本統計年鑑 > 本書の内容 > 第2章 人口・世帯 > 2-22 出生,死亡,死産,婚姻及び離婚数
 1925から2012年までの日本の「出生率」「乳幼児死亡率」あり。
ホーム > 統計データ > 世界の統計 > 本書の内容 > 世界の統計2015 > 2-13 人口動態
 2013年(国によって異なる)の日本・アメリカ・ロシアなど各国の出生率と乳幼児死亡率あり。
ホーム > 統計データ > 世界の統計 > 本書の内容 > 世界の統計2015 > 2-14 出生率の推移
 1975から2035年までの5年ごとの各国年平均出生率あり。将来推計は中位推計値とのこと。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
人口統計.国勢調査  (358 9版)
統計  (350 9版)
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498 9版)
参考資料
(Reference materials)
『人口動態統計の国際比較:人口動態統計特殊報告』(厚生省大臣官房統計情報部 1994)
『国際連合世界人口年鑑』(国際連合原著編 原書房)
『世界の統計』(総務省統計研修所編 総務省統計局)
《主要統計》( http://www.oecd.org/tokyo/statistics/  OECD 2015/06/08最終確認)
《総務省統計局》( http://www.stat.go.jp/  総務省統計局 2015/06/08最終確認)
キーワード
(Keywords)
出生率
死亡率-統計
人口-統計
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000182653解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!