このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
牛久市立中央図書館 (2310059)管理番号
(Control number)
牛久-1634
事例作成日
(Creation date)
2019/08/10登録日時
(Registration date)
2019年10月31日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年10月31日 00時30分
質問
(Question)
新聞に埼玉県が最も市の数が多いと載っていた。埼玉県、群馬県、栃木県、神奈川県の市の数を知りたい。
回答
(Answer)
『全国市町村要覧 平成30年版』(市町村要覧編集委員会/第一法規/2018.11)より、市の数は埼玉県:40、群馬県:12、栃木県:14、神奈川県:19。全国的に見ても、市の数は埼玉県が最も多い。
回答プロセス
(Answering process)
1.市町村(自治体)の便覧か県勢をまとめたものに記述があるのではと予想し、参考図書の棚をブラウジング。
 ・『全国市町村要覧 平成30年版』(市町村要覧編集委員会/第一法規/2018.11)
   → p4 都道府県別市町村数の変遷(続き) 平成30年10月1日現在
     一覧で市町村それぞれの数の記述あり。
 ・『データでみる県勢 2019』(矢野恒太記念会/矢野恒太記念会/2018.12)
   → p147 人口規模別の市町村数(2018年1月1日現在)
     市と町村に分かれ、人口規模別に記述があるので、合計すれば市の数がわかる。
2.『全国市町村要覧』の記述がわかりやすいため、そちらの数字により質問者へ報告。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地方自治.地方行政  (318 10版)
日本  (351 10版)
参考資料
(Reference materials)
B10793094 全国市町村要覧 平成30年版 市町村要覧編集委員会/編 第一法規 2018.11 318.036 978-4-474-06447-8
B10796878 データでみる県勢 2019 矢野恒太記念会/編集 矢野恒太記念会 2018.12 351 978-4-87549-344-0
キーワード
(Keywords)
県勢
市町村
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000263202解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!