このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000067291
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
11443
事例作成日
(Creation date)
2010年06月02日登録日時
(Registration date)
2010年06月02日 14時18分更新日時
(Last update)
2015年09月17日 13時27分
質問
(Question)
旧讃岐領主尾藤知宣の改易の際、豊臣秀吉の命により、尾藤家の武具などが加藤清正に渡ったとされるが本当か。また、尾藤家の家紋は桔梗紋か。
回答
(Answer)
旧讃岐領主尾藤家の家紋について、当館所蔵資料を調査した結果は次のとおり。

『加藤清正と讃岐国-忠廣息女の婚家をめぐって』(徳川義宣言/著 「徳川林政史研究所研究紀要昭和47年度」より抜刷)
〔当館請求記号:K2100 T2 2〕
本研究の第二章生駒親正の讃岐入封と清正の讃岐・肥後択一論 (ロ)清正と讃岐国との伝誦に、
「九州記」にある天正十六年五月、佐々成政処断、肥後国一揆平定後の次の記述を紹介している。

「秀吉公、主計頭清正を御前へ被召出、(中略)尾藤が武具不残下し給ふ、〔加藤家伝〕細註に、
清正家の紋、蛇の目、一重菊也、尾藤が紋、桔梗、折墨也、尾藤が武具を用いる故に、清正家に用之」

この内容は、「清正記」や「清正行状奇」にも共通しているとのこと。

また、第二章生駒親正の讃岐入封と清正の讃岐・肥後択一論 (ハ)尾藤知宣の武具一職において、
熊本市本妙寺所蔵で尾藤知宣より得たと伝称される清正遺品の桐・桔梗・折墨紋散高台院蒔絵調度が、
写真とともに紹介されている。

『加藤清正と讃岐国-忠廣息女の婚家をめぐって』の第二章生駒親正の讃岐入封と清正の讃岐・肥後択一論は、
「徳川林政史研究所研究紀要昭和47年度」の488~493頁に、桐・桔梗・折墨紋散高台院蒔絵調度の写真は
487頁に収録。当館資料は抜刷のため写真は不鮮明。
回答プロセス
(Answering process)
尾藤知宣および加藤清正に関する資料を調査する中で、加藤清正の伝記などに、尾藤知宣の改易の際、尾藤家の武具などが加藤清正に渡ったことが示されていた。
特に回答にある『加藤清正と讃岐国-忠廣息女の婚家をめぐって』には、記述の根拠となる史料が示されていた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
系譜.家史.皇室  (288 8版)
四国地方  (218 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
尾藤知宣
加藤清正
桔梗紋
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000067291解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!