このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000002978
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
3878
事例作成日
(Creation date)
1982/04/01登録日時
(Registration date)
2004年03月17日 02時13分更新日時
(Last update)
2018年03月07日 16時56分
質問
(Question)
一太郎ヤーイについて知りたい。
回答
(Answer)
1 一太郎ヤーイとは 

 「讃岐ものしり事典」(香川県図書館協会/編 香川県図書館協会 1982年発行)の記述は次のとおり。(71頁)

 「仲多度郡多度津町の桃陵公園内展望台にある奉公記念標(一太郎銅像)。明治37・8年、日露役の際、多度津港から出征する
 わが子を見送るため,朝暗いうちから起き出し、三豊郡から母は腰弁当でかけつけたが、その時すでに船は岸を離れていたので、
 大声で「一太郎やぁい、判ったら鉄砲をあげろ」と呼んだ。その母性愛に満ちた姿を再現して、昭和6年6月21日にこの銅像は建立された。
 戦時中、すべての金属が強制回収となり、この銅像も供出され、現在のものは、昭和18年10月21日に当町彫刻家の
 神原象峰(本名 益太郎)がコンクリートで制作した。台石、奉公記念碑はもとのままで、碑文は小野高介の撰である。」
 参考文献:「グラフたどつ」 P123  「多度津町史」 「多度津郷土史年表」 「明治百年」 P227
 
 *神原象峰は多度津町本町出身

2 銅像の作者

 ・初代(1931年6月建立):織田朱越(おだしゅえつ)
  関連資料
   「初代「一太郎やあい」像 作者は織田朱越氏」(「四国新聞」(2008年3月24日付21面))
  
   「香川県人物・人名事典」(四国新聞社/編 四国新聞社 1985年発行)織田朱越の項(22頁)

   なお、四国新聞の記事は、織田朱越氏が制作した「一太郎やあい」蔵の原型の写真を掲載。
   さらに、香川新報(1931年6月21日付)の「一太郎やあい除幕式」の記事が、 織田朱越を
   制作者として取り上げていることを紹介している。

   また、「勝地讃岐と其産業陣営」(香川新報社/編 香川新報社 1933年発行)の巻頭図版部分
   (頁付けなし)「多度津町と桃陵公園」に、「同園「一太郎ヤーイ」も躍く「岡田かめ女」の銅像」の説明
   とともに初代銅像の写真(白黒写真)が掲載されている。  
  
  ・二代目(1943年10月建立):神原象峰(本名 益太郎)
  関連資料
   「神原象峰「一太郎やあい」-多度津町の桃陵公園-教科書に載った軍国美談の母」
   (「四国新聞」(2008年3月17日付10面))
  
   「多度津町史」(多度津町史編纂委員会/編 多度津町史編纂委員会 1963年発行)
   963頁「一太郎やーい」像
  
3 教科書掲載の「一太郎やあい」
 
・「尋常小学国語読本巻七」(第三期国定国語教科書)
  第十三 一太郎やあい
  (「日本教科書大系 近代編 第7巻」(海後宗臣,仲新/編 講談社 1963年発行)
  の381頁に収録)

・感動を教えてくれた国語教科書 萩野貞樹/著 徳間書店 2002.11
  ※p.115-116「一太郎やあい」(巻7・四年生前半)あり。「ハナハト読本」(第三期国定・大正7年~昭和7年)の項にあり。

回答プロセス
(Answering process)
・「初代「一太郎やあい」像 作者は織田朱越氏」(「四国新聞」(2008年3月24日付21面))は、
 「多度津町誌  本誌」(多度津町誌編集委員会/編 多度津町 1990年発行)が、
 初代一太郎やあい像の作者を誤って記述(具体的には362頁)していると指摘している。

・「香川県人物・人名事典」(四国新聞社/編 四国新聞社 1985年発行)織田朱越の項には、織田朱越氏が、
 初代一太郎やあい像の作者であることが記されている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
四国地方  (218 8版)
金属彫刻.鋳造  (715 8版)
参考資料
(Reference materials)
○ グラフたどつ P123
  多度津町史 多度津郷土史年表 明治百年 P227
キーワード
(Keywords)
記念碑
金石・金石文
日本-歴史-近代
戦争-歴史
金石・金石文-日本
銅像
教科書-日本-歴史
国語教育-歴史
香川県
回想法
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
レファレンス事例集「讃岐ものしり事典(香川県図書館協会/編・発行 1982.4)」より
(関連情報)
・石碑と銅像で読む近代日本の戦争 歴史教育者協議会/編 高文研 2007.12
  ※p.21「(日清・日露戦争)「一太郎やあい」像~官民挙げての軍国美談づくりの熱狂」(石井雍大)
   なお、この記事には次の注あり。
   「※本稿は中内敏夫著「軍国美談と教科書(岩波新書)」を参考にさせていただいた。」
定番事例
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000002978解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!