このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
秋田県立図書館 (2110003)管理番号
(Control number)
秋田-1962
事例作成日
(Creation date)
2017年6月13日登録日時
(Registration date)
2017年06月13日 10時56分更新日時
(Last update)
2017年08月01日 17時50分
質問
(Question)
「秋田県河辺郡新屋町案内俯瞰図」(大正6年)に載っている、三七ノ渡(さんしちのわたし)は今のどのあたりにあるのか。
回答
(Answer)
新川橋から旧雄物川に入り、今の雄物川につながるところ(現在の新屋水門があるあたり)

下記資料をご案内。

・『新屋郷土誌』(改訂新屋郷土誌編集委員会/編、日吉神社、1970、214.5/カア)124021080
 ⇒P356~357・P654
回答プロセス
(Answering process)
「秋田県河辺郡新屋町案内俯瞰図」は秋田県公文書館へ移管になっている。
秋田県立図書館デジタルアーカイブ( http://da.apl.pref.akita.jp/lib/ )で確認。
⇒三七ノ渡の近くに「新川ばし」の記載あり。現在も同じ橋があるかネット上で確認
⇒現在の地図と照らし合わせて大体の場所を探した(大正6年に雄物川の改修工事があり、当時と地形が異なっている)

①『秋田市歴史地図』(渡部 景一/著、無明舎出版、2009、214.5/ワア)124408675
 ⇒P78~79「秋田市近郊地図」(大正5年)では上記地図より広範囲が載っており、三七ノ渡が新屋町船場町にあることが確認できた。
  (秋田県立図書館デジタルアーカイブで閲覧可能)

インターネットで「旧雄物川」「三七ノ渡」でキーワード検索
⇒三角沼の会PDFがヒット、に三七ノ渡について記述あり(名前の由来についても記載あり)
  http://ksymbol55.boy.jp/old-hp/2016araya-shinsyun/sankakunuma2016.pdf (確認日付2017.7.11)
出典として下記資料が掲載されていた。

②『新屋郷土誌』(改訂新屋郷土誌編集委員会/編、日吉神社、1970、214.5/カア)124021080
 ⇒P356~357・P654
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
東北地方  (212 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
渡し
三七ノ渡
雄物川
新川橋
新屋
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
受付方法:口頭、5/26
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000217217解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!