このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
牛久市立中央図書館 (2310059)管理番号
(Control number)
牛久-1554
事例作成日
(Creation date)
2017/12/09登録日時
(Registration date)
2019年10月29日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年11月16日 13時48分
質問
(Question)
江戸時代の貝原益軒が書いた「女大学」の原書とその現代訳本はあるか。
回答
(Answer)
・貝原益軒の「女大学」の原文と現代語訳は『女大学集』(石川松太郎/平凡社/1977)の「女子大学宝箱」のp31~60にあり。
回答プロセス
(Answering process)
1. まず初めに、貝原益軒の「女大学」のついての情報を収集しようと思い、貝原益軒はは江戸時代の人物であることを知っていたので、請求記号「R210」の参考歴史の棚をブラウジングし、次の資料にあたる。
(1)『ビジュアル・ワイド江戸時代館 』(小学館/2002.12)p512~513に「女大学」(おんなだいがく)の記述あり。
→「女大学」は、江戸時代中後期に、女子用の教科書として版を重ねた書物の総称。貝原益軒は、宝永7年『和俗童子訓』という体系的な教科書を著した。その巻の五に「女子を教ゆる法」があり、享保元年、柏原清右衛門と小川彦九郎が「女子を教ゆる法」を下敷きにした書物を貝原益軒著として『女子大学宝箱』の書名で出版した。
→「女大学」と題された章は「夫女子ハ成長して他人の家へ行き舅姑に仕えるものなれば」という一文で始まっている。
→『女子大学宝箱』の中に貝原益軒の「女大学」があることが判明。
 
2. フリーワード「女大学」&状態「在架」で自館所蔵検索。8件ヒット。書誌情報を確認し次の資料にあたる。
(2)『女大学集』(石川松太郎/平凡社/1977)
→「女子を教ゆる法」p1~26に有り。「女子大学宝箱」p27~に有り。その中に「女大学」の原書と現代語訳がp31~60に有り。
 
3.(1)に『和俗童子訓』の巻五に「女子を教ゆる法」を著したとあるため、フリーワード=「和俗童子訓」で自館所蔵検索。2件ヒット。
(3)『子育ての書 2 』(山住正己/平凡社/1976.8)
→『和俗童子訓』p3~57にあるが、巻四までで、巻五は無し。
(4)『日本の名著 14 』(中央公論社/1983.11)
→『和俗童子訓』p183~242にあり、巻五「女子を教える法」p229~242まで現代語訳有り。
  
4. 以上の調査結果から、「女大学」の原文と現代語訳は(2)の『女大学集』にあることを紹介。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
人生訓.教訓  (159 10版)
社会教育  (379 10版)
日本語  (081 10版)
参考資料
(Reference materials)
B10643281 女大学集 石川松太郎/編 平凡社 1977 159.6
B10358369 ビジュアル・ワイド江戸時代館 小学館 2002.12 210.5 9784096230213
B10060917 日本の名著 14 中央公論社 1983.11 081 9784124004045
キーワード
(Keywords)
貝原益軒
女大学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000263067解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!