このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000098975
提供館
(Library)
東京都江戸東京博物館 図書室 (4110007)管理番号
(Control number)
edo2011-08
事例作成日
(Creation date)
2011/08/01登録日時
(Registration date)
2011年12月24日 16時21分更新日時
(Last update)
2018年01月19日 14時13分
質問
(Question)
生類憐みの令で蚊を殺したため罰せられた小姓の名前は?
回答
(Answer)
【資料1】『御当代記 将軍綱吉の時代』【資料2】『国史大系』(第42巻)とも伊東淡路守基祐(伊東基祐)と書かれています。
※インターネットでは「伊藤基久」と書かれているページもある。
「生類憐みの令」については「生類憐みの令とはどのような法令か。」参照  https://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000033408
回答プロセス
(Answering process)
【資料1】『御当代記 将軍綱吉の時代』によると、「又淡路守がほうへ蚊ついつく(き)申候を、おもわずしらず手にてうち殺し申し候」(p115)、「似たはなしに、喜多見重政の小姓が額に蚊を打っての血を咎められて切腹とのことが、翌年七月頃の噂として『鸚鵡籠中記』に記され、この種の話題の流布を思わせる。蚊への殺生というより、血の穢を嫌う点からの事例が種であろう。」(p118)
【資料2】『国史大系』(第42巻)によると、貞享3年6月6日「小姓伊東淡路守基祐奉職無状にて。南部遠江守直政にあづけらる。」
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
法律  (320 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『御当代記 将軍綱吉の時代』戸田茂睡著 塚本学校注 平凡社 1998年 2105/975/98 (p.115、118)
【資料2】『国史大系』第42巻 徳川実紀 第5篇 [寛文8(1668)年12月~貞享4(1687)年12月] 新訂増補版 黒板勝美,国史大系編修会編 吉川弘文館 1965年 2100/244/45 (p.578 備考※1をみよ)
キーワード
(Keywords)
生類憐みの令
徳川綱吉
刑罰
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
※1『国史大系』第12巻 経済雑誌社編 経済雑誌社 1902-1905年(国立国会図書館デジタルコレクション) http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/991119/120  (2015/8/5確認)

(関連事例)「生類憐みの令はどのような法令か。」 https://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000033408
調査種別
(Type of search)
事実調査 文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000098975解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!