このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
相模原市立相模大野図書館 (2210033)管理番号
(Control number)
相大-H17-018
事例作成日
(Creation date)
2005年8月9日登録日時
(Registration date)
2005年08月20日 02時11分更新日時
(Last update)
2015年07月02日 09時43分
質問
(Question)
「百祿咸遒」の意味が知りたい。出典があればそれも知りたい。
*高尾山のお坊さんがとある銀行家の人に書いた書らしい。
回答
(Answer)
『大漢和辞典』で調べると下記のように記載あり。
巻8 p65「百祿」・・・多くの福祿。多くの幸福。
巻2 p992「咸」・・・みな。ことごとく。あまねし。など。
巻11 p123「遒」・・・逎に同じ。せまる。ちかづく。あつまる。など。

インターネット情報に詩経の中の一つの詩に「百祿是遒」という似た一節あり。
http://eshijing.myrice.com/page3/mp-3.htm  (2005.08.20最終確認)
その情報を『中国古典文学大系 15』で確認した。
p296-298「商頌(しょうしょう)」の項目に「長発(ちょうはつ)」の記載あり。
文中に「百祿をその身に集めぬ」と現代語訳があった。

上記から「多くの幸福がことごとく集まる」というような意味と思われるが出典は分からなかった。

*神奈川県立図書館にレファレンス依頼したが分からなかったとの回答だった。(2005.5.25回答)

レファ協に公開した後、国立国会図書館レファレンス協同データベース事業サポーター(寺尾様)から情報提供のコメントがついたために下記のサイトを回答の情報とした。

『承政院日記』に「百祿咸遒」が記述されている箇所あり。

承政院日記
http://sjw.history.go.kr/inspection/insp_result_list.jsp?sjwid=sjw-j02010050
http://sjw.history.go.kr/inspection/insp_result_list.jsp?sjwid=sjw-f39010090
http://sjw.history.go.kr/inspection/insp_result.jsp?mode=k&sjwid=SJW-F49100060-01200
http://sjw.history.go.kr/inspection/insp_result.jsp?mode=k&sjwid=SJW-J02010050-00800
(2015.07.01最終確認)

参考:
コトバンク
世界大百科事典 第2版
しょうせいいん【承政院】
https://kotobank.jp/word/%E6%89%BF%E6%94%BF%E9%99%A2  (2015.07.01最終確認)

朝鮮王朝時代の『承政院日記』に「百祿咸遒」が使われている箇所あり。

承政院日記 - 文化財庁
https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0CBwQFjAA&url=http%3A%2F%2Fjpn.cha.go.kr%2Fjapanese%2Fhtml%2Fsub3%2Fsub4.jsp&ei=ErGaU-CDDIHs8AWBmoHADw&usg=AFQjCNGxHsF9QrPqQbgB4DoImT4ATJS5TQ&sig2=zLzMKfAsE1pDh021QgRjCQ  (2015.07.01最終確認)

承政院日記
http://sjw.history.go.kr/  (2015.07.01最終確認)

百祿咸遒
http://sjw.history.go.kr/inspection/search_result_list.jsp?oflag=0&M=0&query=%E7%99%BE%E7%A5%BF%E5%92%B8%E9%81%92&selK=1&selT=1&query_ime=%3Cspan+class%3D%22newbatang%22%3E%E7%99%BE%3C%2Fspan%3E%3Cspan+class%3D%22newbatang%22%3E%E7%A5%BF%3C%2Fspan%3E%3Cspan+class%3D%22newbatang%22%3E%E5%92%B8%3C%2Fspan%3E%3Cspan+class%3D%22newbatang%22%3E%E9%81%92%3C%2Fspan%3E&x=16&y=11 (2015.07.01最終確認)
回答プロセス
(Answering process)
「百祿咸遒」では、全く見つけることができず、インターネットにて検索する。
「百祿咸遒」に似た「百祿是遒」という詩経の中の詩の一節がヒットした。

詩経が載っている資料を探す。
『中国古典文学大系 15』 目加田誠/訳 平凡社 1969 【s05588751 928】
でどのように訳されているか確認をする。
p296-298「商頌(しょうしょう)」の項目に「長発(ちょうはつ)」の記載あり。
文中に「百祿をその身に集めぬ」と現代語訳があった。

「百祿」『大漢和辞典 巻8 修訂版 白部-糸部』 諸橋轍次/著 大修館書店 1988 【s21149067 R813.2】
「咸」『大漢和辞典 巻2 修訂版 八部一口部』 諸橋轍次/著 大修館書店 1986【s05731997 R813.2】
「遒」『大漢和辞典 巻11 修訂版 しんにょう部-隹部』 諸橋轍次/著 大修館書店 1988【s21149075 R813.2】
でそれぞれの字の意味を調べる。
上記の調査で意味はおおよその意味は判明した。
出典は全く分からず、神奈川県立図書館にレファレンス依頼したが分からなかったとの回答だった。

注:【 】は自館の資料コードと請求記号
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌.韻文.詩文  (921 9版)
辞典  (813 9版)
参考資料
(Reference materials)
『大漢和辞典 巻8、2、11 修訂版』 諸橋轍次/著 大修館書店 1986-1988
『中国古典文学大系 15』 目加田誠/訳 平凡社 1969
キーワード
(Keywords)
百祿咸遒
詩経
承政院日記
百祿(ひゃくろく)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
神奈川県立図書館
国立国会図書館レファレンス協同データベース事業サポーター(寺尾様)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000023630解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!