このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
相模原市立橋本図書館 (2210035)管理番号
(Control number)
相橋-H26-038
事例作成日
(Creation date)
2014年04月04日登録日時
(Registration date)
2014年06月14日 17時40分更新日時
(Last update)
2014年06月14日 17時40分
質問
(Question)
『真田三代実記』の写本を所有している。
 原作者、書かれた時代など、どんなことでもよいので知りたい。
回答
(Answer)
江戸時代後期の実録体小説。①、②の資料を紹介し、提供した。
回答プロセス
(Answering process)
概要を知るために検索エンジンGoogle( https://www.google.co.jp/ 2014/05/17 最終確認)で“真田三代実記”をキーワードに検索した結果、いくつかのページから江戸時代の軍記物らしいとわかった。その後、調べ物コーナーで歴史、古典文学の書架をブラウジングして次の資料を見つけた。

①『日本史大事典 3 こ~し』 平凡社 1993 (自館請求記号:R210.0)
 p664真田三代記「真田昌幸、幸村、幸安の真田三代の興亡を主題とした実録体小説・講談。実録は幕末近くに成立し(中略)増補され、『真田三代実記』『真田三代軍功実録』などとも題された。」とある。

②『日本古典文学大辞典第3巻 さ~せ』 秋山虔/編 岩波書店 1984 (自館請求記号:R910.3)
 p72-73真田三代記「5編150冊(冊数は不定、外に編冊数の相違するものあり)。実録。信濃国の武家真田弾正忠幸隆の三男安房守昌幸、その二男左衛門佐幸村、その子大助幸安三代の、戦国末から大坂の両陣に至る智勇の事件を主とした実録体小説。写本で伝わった。本書の出現は近世後半、幕末に近い。
 初め『真田三代記』『真田三代実記』などと題して3編90冊にまとめられ、さらに増加して(中略)『真田三代軍功実録』『真田三代軍功記』などと題するものに生長した。」とある。

また、実録体小説を調べるために次の資料を見た。
『日本国語大辞典 第6巻 第2版 さこう-しゅんひ』 日本国語大辞典第二版編集委員会/編 小学館 2001 (自館請求記号:R813.1)
p872に「実録風の小説。実際にあった事実・事件をもとに、巷説、風説などをまじえて書かれた小説。幕末から明治10年代にかけてが全盛。」とある。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本文学  (910)
日本史  (210)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
真田三代実記
真田三代記
実録体小説
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000154258解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!