このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000225496
提供館
(Library)
金沢市図書館 (2310230)管理番号
(Control number)
玉川-000582
事例作成日
(Creation date)
2017/10/31登録日時
(Registration date)
2017年11月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年10月03日 00時30分
質問
(Question)
【漢詩の出典について】  「一方名月可中庭」という、漢詩の一節と思われる言葉の出典が知りたい。
回答
(Answer)
『全訳 漢字海』(第3版)(113162018) p226によると、正しくは「一方明月可中庭」で、日本語訳は「一方では明月が庭の真ん中に対している」とある。
作者は劉禹錫で、この一節は劉禹錫の詩『金陵五題』のうち、「生公講堂」という題のものである。

なお、詩の全文は以下の通り。
「生公説法鬼神聴、身後空堂夜不?。高坐寂寥塵漠漠、一方明月可中庭。」
「品詞集」
【URL】 http://www.poemjoy.com/show-157-2717-1.html
「全唐詩検索系統」によると、「金陵五題:生公講堂」は「全唐詩」巻365に収録されている。
【URL】 http://cls.lib.ntu.edu.tw/tang/tangats/Tang_ATS2012/SrchMain.aspx
「漢籍リポジトリ」によると、「欽定四庫全書」の「詩林廣記 巻四」にも収録されている。
【URL】 https://www.kanripo.org/text/KR4i0045/004
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
文学  (9 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000225496解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!