このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000095110
提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2010-1682
事例作成日
(Creation date)
2012/04/30登録日時
(Registration date)
2011年10月28日 02時10分更新日時
(Last update)
2012年10月26日 02時01分
質問
(Question)
梅原与惣次(黄鶴子)の読み方とその略歴を知りたい。
回答
(Answer)
『滋賀県百科事典』によりますと、読み方は「うめはらよそじ」で、略歴は「1901~1977、教育家、俳人。滋賀県八日市市に生まれる。1919年(大正8)彦根中学卒、1927年(昭和2)早稲田大学高等師範部英語科卒業、熊本県立中学校に奉職、40年(昭和15)山口県立豊浦中学校、41年(昭和16)滋賀県立膳所中学校に転職、46年(昭和21)県立長浜商業学校長となる。その後県学校教育課長、彦根西高等学校長、県教育研究所長を歴任。60年(昭和35)退職後は俳句に専念し、「霜林」同人、「馬酔木」同人となる。著書に『湖の旗雲』『湖畔春秋』『俳句風土記』『近江万華鏡』などがある。いっぽう滋賀文学会理事、滋賀文学散歩の会会長として滋賀県の文学向上に尽力した。趣味は郷土玩具の蒐集で『肥後郷土玩具随想』の著書がある。77年(昭和52)3月没、76歳。(矢守 県)」とあります。なお、八日市市は現在東近江市となっています。また、梅原与惣次は著書の『湖の旗雲』『湖畔春秋』などでは梅原與惣次と表記しています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.66

2 郷土歴史人物事典滋賀 渡辺守順∥著 第一法規 1979年 S-2800- 79 p.151-152
キーワード
(Keywords)
梅原与惣次
俳人
梅原與惣次
梅原黄鶴子
教育者
滋賀文学会
滋賀文学散歩の会
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000095110解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!