このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000219727
提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
2017-11
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2017年08月02日 11時19分更新日時
(Last update)
2017年11月14日 15時39分
質問
(Question)
若尾瀾水(わかおらんすい)の『手帖から』を読みたい。 安岡 章太郎著『流離譚(新潮社 1993)』p459~460に一部分が掲載してある。p451に“俳人若尾瀾水が池内真造という人の自伝から有隣(注:富永有隣のこと)に関するところだけを抜粋して編纂した小冊子”とあり、それを指すものと思われる。
回答
(Answer)
回答プロセス
(Answering process)
(1)以下のOPACを確認したが所蔵が見当たらなかった。
・愛媛県立図書館蔵書検索及び横断検索
・高知県立図書館蔵書検索及び横断検索
・国立国会図書館サーチ
・CiNii
・日本の古本屋
(2)『若尾瀾水句集(風蘭社 1994)』の年譜(p335~356)によると、昭和8年(1933・57才)高知新聞にて11月14日から8回連載されたことが記されている。(p351)
(3)『若尾瀾水俳論集 子規の死とその前後(高知市民図書館 1967)』の年譜(p401~412)でも、昭和8年(1933・57才)高知新聞にて11月14日から8回連載されたことが記されている。(p410)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911)
文学史.文学思想史  (902)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
富永 有隣(トミナガ,ユウリン)
若尾 瀾水(ワカオ,ランスイ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
富長有隣は、文政4年 - 明治33年、江戸時代末期(幕末)の長州藩士・儒学者。諱は徳、後に悳彦。通称は弥兵衛。有隣は字で、『論語』の「徳は孤ならず必ず隣あり」から命名したとされる。
若尾瀾水は、吾川郡弘岡下ノ村(現・高知市春野町)生まれ。子規門下であったが、子規没直後、「子規子の死」を発表、その子規批判の論考で排斥を受け俳壇から失脚。帝大卒後は郷里に帰り、俳誌「海月」を主宰するなど地方詩壇に復活し後進の指導に尽くした。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000219727解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!