このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中千葉-2019-04
事例作成日
(Creation date)
2018年07月29日登録日時
(Registration date)
2019年08月21日 15時41分更新日時
(Last update)
2019年08月21日 16時01分
質問
(Question)
江戸時代後期、品川区泊船寺にいた杜格斉山奴は下総出身なので、何か山奴に関する資料はないか。
回答
(Answer)
当館所蔵の山奴の著書、山奴について記載のあった所蔵資料(主に千葉県関係資料)を紹介します。

1 著書
【資料1】『田毎の日』(山奴著 白堂桃雨 松旭舎静江校合 1798(寛政10)序)
1月から12月まで月ごとに俳句を集めたもの。三世太白堂桃隣、採荼庵梅人の序文あり。跋文は如是庵徳布。奥付に北総油田山奴著、太白堂蔵とあり。

2 評伝
(1)市町村史
【資料2】『小見川の歴史』(小見川町教育振興協議会 1970) p313
年表 江戸時代の18世紀末のところに「油田の俳人、北見山奴」とあり。
【資料3】『小見川町史 通史編』(小見川町 1991) p1063-1066 5 俳句
 p1063 「油田の山奴の句、
      畑打ちや土籠のむしる敷境 手まりつく畑のほこりや花大根」
【資料4】『神里のあゆみ・西谷物語』(〔宮崎 清徳/著〕 〔出版者不明〕 〔出版地不明〕 〔1957〕)
p32 北見山奴
「油田の俳人で、徳川時代、江戸へ出て修行し、その句は高く評された。」

(2)俳諧史
【資料5】『関東俳壇史叢稿 庶民文芸のネットワーク 近世文学研究叢書 19』(加藤定彦著 若草書房 2013)p171-234 矢さしが浦の俳壇 p198-203 雪門の進出
この中で、雪中庵蓼太が下総俳壇に進出する際に、門人として山奴の名前が随所に出てきます。次はその一部です。
p199「蓼太の下総地方への進出は遅く、偶然にも鳥酔・涼袋が来遊した宝暦9年(1759)秋のことであった。竹内(たけのうち)(現香取市竹之内)の眠江に誘われ、蓼太は門人求光・山(さん)奴(ぬ)とともに水郷潮来の月を賞し、香取・鹿島・息栖(いきす)の三社に詣でた。」
p200「そして、晩春の頃、風斎・都雁・山奴を伴って再び鹿島に遊び、躑躅の花に興じた。山奴に編ましめた『つつじ行脚』(中村俊定文庫蔵)はこの折の小集で、下総俳人の入集は20名と倍増、(中略)編者の山奴は香取郡大寺(現、匝瑳市)の住で、(後略)。」
*『つつじ行脚』は『享保宝暦俳諧集』(雲英末雄編 早稲田大学蔵資料影印叢書刊行委員会 1995)に所収されています。国立国会図書館で所蔵しています。
【資料6】『蕪村・一茶その周辺』(大礒義雄著 八木書店 1998)p92-99 蓼太の鹿島詣―『笘の宿』―
p95-96「『蓼太句集』には「しもつふさ徳聖寺の庭上に七色のやどりぎあり」とする。
   鹿島船中 十四夜より空よく晴れて望の日影障子にかヽやき、まづ月見る心地せらる。山奴といえる友も見えて、小見川より鹿島へ舟をわたす。銚子の沖、霞ヶ浦、猶名ある山々入江に影を洗ひ、何々の魚とるなど目馴れぬものから
  あかあかと日もうく鮭の網代哉  求光
この前書は最初からの前書とともに蓼太の書いたものである。」
p98「以下求光・山奴・唯我の五吟歌仙一巻があるが、省略しよう。これで蓼太の鹿島詣の記は終わる。
 『苫の宿』 紀行撰集。半一。雪外舎眠江編。自序。春燈房風斎跋。宝暦九年菊月(九月)奥。二十二丁。蓼太・眠江・求光・山奴の鹿島月見の紀行と発句集。地の文は蓼太筆とみられ、句は蓼太十二、眠江五、求光九、山奴二章。ほかに右の連中に唯我を加えた五吟歌仙一巻、(後略)」
【資料7】『関東俳諧叢書 第14巻 常総編』(加藤定彦編 関東俳諧叢書刊行会 1998)に『苫の宿』が所収(p117-144)されており、書誌・解題(p120)がある。
【資料8】『蓼太研究 俳書から見た蓼太の足跡』(中村俊定著 関西大学 1951 『国文学』3号(1951.2)の抜刷)p20
「(前略)ついで十年春には池魚の災を蒙り、暫く南総の吏仙が別荘に宿していた。晩春近い一日風斎・都雁の二子を伴ひ鹿島山の躑躅見に出かけ、下総大寺の山奴をして『つつじ行脚』(一冊)を撰ばせしめ、(後略)」
回答プロセス
(Answering process)
1 「山奴」「杜格斎」で所蔵検索し【資料1】を得る。
2 「菜の花ライブラリー」千葉県関係データベースで調査し、【資料2】~【資料4】を得る。
3 千葉県関係の俳句関係資料にあたり【資料5】を得る。
次の資料には掲載がなかった。
『房総の俳句』(天津有明編著 房総の俳句を語る会 1977)
『千葉県故俳人名鑑』(雉子島雨城著 [雉子島雨城] 1978) 
『小林一茶と房総の俳人たち』(杉谷徳蔵著 暁印書館 1981)
4 google booksで「山奴」と検索し【資料6】を得、同書の参考文献から【資料7】を得る。
5 千葉県関係資料で「蓼太」と検索して、【資料8】を得る。
事前調査事項
(Preliminary research)
『品川区史 通史編 上巻』(東京都品川区 1973)p1076
「二世杜格斉山奴は下総国(千葉県)の出身で、四世太白堂菜石に師事した俳人である。後に出家して白牛と称し、文政3年(1820)に没している。」
『俳諧人物便覧』(三浦若海著 ゆまに書房 1999)p290
「山奴 杜格斎二世 四世桃隣門 ○三世 桃隣門 江戸北見氏 下総油田屋 品川鮫津 泊船寺ニ墓アリ 文政三年七月廿六日没六十七才 又号 ○月庵」
NDC
詩歌  (911 9版)
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『田毎の日』(山奴著 白堂桃雨 松旭舎静江校合 1798(寛政10)序)(9200365335)
【資料2】『小見川の歴史』(小見川町教育振興協議会 1970)(0200850852 )
【資料3】『小見川町史 通史編』(小見川町 1991)(9200287284)
【資料4】『神里のあゆみ・西谷物語』(〔宮崎清徳著〕 〔出版者不明〕〔1957〕)(9200061527)
【資料5】『関東俳壇史叢稿 庶民文芸のネットワーク』(加藤定彦著 若草書房 2013)(0200996801)
【資料6】『蕪村・一茶その周辺』(大礒義雄著 八木書店 1998)(2100881715)
【資料7】『関東俳諧叢書 第14巻 常総編』(加藤定彦編 関東俳諧叢書刊行会 1998)(0105375086)
【資料8】『蓼太研究 俳書から見た蓼太の足跡』(中村俊定著 関西大学 1951 『国文学』3号(1951.2)の抜刷)(9200243029)
キーワード
(Keywords)
山奴(サンヌ)
北見山奴(キタミ サンヌ)
杜格斎(二世、二代)(トカクサイ(ニセイ、ニダイ))
下総国(シモウサノクニ)
千葉県―香取市(チバケン カトリシ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000260358解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!