このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2007-097
事例作成日
(Creation date)
2007/10/26登録日時
(Registration date)
2008年01月31日 02時10分更新日時
(Last update)
2008年02月15日 16時35分
質問
(Question)
誠廬(セイロ)と西馬(サイバ)の関係が分かる資料を探している。俳諧の分野に資料があるかもしれない。
※誠廬(本名:小室元長 小室家五代目 1822-1885)、西馬(本名:冨所豊三郎弘門)である。
回答
(Answer)
関係を示す資料と記述箇所は下記の通り。
『都幾川村史 通史編』(都幾川村 2001)p483-486 「在村医如達堂と小室家」より、小室家が俳諧に深い関わりがあると分かる。ただし、本文中には、誠廬と西馬の直接の関係を示す記述はなし。

『橿寮碩布と春秋庵をめぐる人々』(まつやま書房 1986)p206-207

『小室家文書目録』(埼玉県立文書館 1997)p14-15
※各資料の記述内容については、回答プロセスを参照のこと。
回答プロセス
(Answering process)
『都幾川村史 通史編』(都幾川村 2001)
p483-486「在村医如達堂と小室家」によれば、小室家の三代元長(俳号足羽)、四代元貞(俳号為一)、五代元長(俳号誠廬)とも俳諧を嗜み、春秋庵門流の人々と交流があったとのこと。ただし、本文中には、誠廬と西馬両者の直接の関係を示す記述はなし。同頁に「嘉永六年(一八五三)正月、久米逸淵や西馬を招いて歌仙を巻いている(小室開弘家文書2709)。」という記述がある。
p484、p486には誠廬の解説あり。

『橿寮碩布と春秋庵をめぐる人々』(まつやま書房 1986)
p206-207に、『俳諧連歌集』(嘉永6年正月)の連句の一部が紹介されており、足羽、為一、誠廬の小室家三代と、西馬その他の俳句が掲載されている。解説には「逸淵西馬師弟等を迎えて、新年の歌仙を巻いた」とあり。

『小室家文書目録』(埼玉県立文書館 1997)
p14-15には、「特に、逸淵の弟子である西馬とは交遊が厚く、西馬の嘉永2年(1849)『鳳朗発句集』刊行に際しては、父為一(元貞)とともに資金援助を行っている。(No.1014)」との記述あり。これはp121〔文書番号:1014、表題:鳳朗句集料ニ付書状〕の解題。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
関東地方  (213 9版)
参考資料
(Reference materials)
『都幾川村史 通史編』(都幾川村 2001)
『橿寮碩布と春秋庵をめぐる人々 武蔵山の辺の俳諧史』(まつやま書房 内野勝裕 1986)
『小室家文書目録』(埼玉県立文書館 1997)
キーワード
(Keywords)
俳諧
誠廬(セイロ)
小室 元長(コムロ ゲンチョウ)
西馬(サイバ)
史料-都幾川村(現ときがわ町)-毛呂山町-埼玉県
郷土資料 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000041412解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!