このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
さいたま市立中央図書館 (2210012)管理番号
(Control number)
中央-1-00227
事例作成日
(Creation date)
2011年02月26日登録日時
(Registration date)
2011年08月18日 15時12分更新日時
(Last update)
2011年11月12日 09時45分
質問
(Question)
戦に死すともいのち甦り君とことはに国をまもらむ 南原繁/作 の「ことは」という言葉の意味を知りたい。
昭和21年 東大戦没職員・学生慰霊祭の言葉「戦没学生にささぐ」中の言葉で、ネットでも公開されている。
回答
(Answer)
事典類や南原氏の著作を調べたが、「ことは」の意味はわからなかった。「ことは」ではなく「とことはに」ではないかと考えられる。
『角川古語大辞典第4巻』 中村 幸彦/[ほか]編 角川書店 1994.10
p653 「常とばに→とことわに」という項目に記述があり、「永久に」「いつまでも」という意味になる。

以下は調べたが記載がなかった資料
・『南原繁回顧録』 南原 繁/[述] 東京大学出版会 1989.9
p138に慰霊祭に関する記述はあるが言葉の意味はなし。

・『南原繁の言葉』立花 隆/編 東京大学出版会 2007.2
p240~ 「戦没学生にささぐ」全文 
p313に解説があるが、この歌については特に言及されていない。

・『回想の南原繁』 丸山 真男/編 岩波書店 1975

・『南原繁 近代日本と知識人』 加藤 節/著 岩波書店 1997.7
p137~ 学徒出陣の頃について書かれているが、この歌については記載なし。

・『ビジュアル版・人間昭和史 6 行動する思想家』 講談社 1987.4 
p111~ 南原繁について

・『形相』 南原 繁/著 岩波書店 1984.7
南原氏の歌集。解説付きだが昭和20年までのものしか収録されていない。

・『南原繁著作集』 全10巻 岩波書店
目次から拾い読みしたがこの歌についての記載は見つけられず。

 
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
質問者自身が調べたところ、古語辞典では「同じことなら」等、という意味になるが、正確なことが知りたい。
NDC
辞典  (813)
個人伝記  (289)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
南原繁
戦没学生にささぐ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000090154解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!