このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-1540
事例作成日
(Creation date)
2012/09/30登録日時
(Registration date)
2012年03月03日 02時04分更新日時
(Last update)
2013年03月11日 00時30分
質問
(Question)
兵主神社刺繍三昧耶幡(さんまいやばん)の概要を知りたい。
回答
(Answer)
兵主神社は野洲市五条にあり、通常兵主大社と呼ばれています。『滋賀県百科事典』によりますと、概要は「三角形幡頭の下に三坪の幡身があり、下に4本の足がさがっている。幡身は綾地円相のなかに、種子・印契・菩薩を刺繍であらわし、間地には格子文その他でうずめる。繍は、まつり繍、返し繍、さし繍、平繍を併用し、幡の舌、手、足には紋紗を使用する。当社には大型幡7旒(りゅう)、小型幡10旒がつたえられ、ほかに残片として幡頂金具や舌などが保存され、それらを合わせると21旒の幡があったことが知られる。各旒とも図柄を異にし、金剛界大日如来を囲繞する諸菩薩をあらわしている。幡身部から数片の文書が見出され、それに記された人名からこの幡は、室町初期に制作されたことが知られる。重要文化財。(稲田和彦)」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
染織工芸  (753 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.610

2 近江文化財全集 上巻 近江史跡会∥編集 近江史跡会 1974年 SB-7000-1
キーワード
(Keywords)
兵主神社
重要文化財
工芸品
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000102912解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!