このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-1388
事例作成日
(Creation date)
2012/09/30登録日時
(Registration date)
2012年03月03日 02時01分更新日時
(Last update)
2013年03月11日 00時30分
質問
(Question)
四宮祭月宮殿(げっきゅうでん)山飾毛綴・鯉山飾毛綴の概要を知りたい。
回答
(Answer)
『滋賀県百科事典』によりますと、概要は「大津市の天孫神社の祭札(10月10日)大津祭に曳山の背面を飾る見送り幕としてもちいられる。いずれも16世紀にベルギーのブリュッセルで織られたタペストリー。月宮殿山の飾毛綴は縦222.0cm、横129.0cm。1807年(文化4)銀八貫六百匁で三井本店から購入したもの。鯉山の飾毛綴は縦205.0cm、横102.0cm。1799年(寛政11)に金100両で京都から購入したもの。この二つの飾毛綴はローマ史の物語を題材としてできたものといわれてきたが、京都の鯉山保存会発行の『祇園金山鉾鯉山』では、ベルギー王立美術歴史博物館のタペスリー部長ギー・デンマルセルの報告をのせている。これによれば、大津祭の飾毛綴は、ギリシアの詩人ホメロスの叙事詩『イリアス』の物語をえがいたもので、ギリシア軍によるトロイ陥落の情景、トロイの英雄アエネアスが老父アンキセスをせおい、トロイを脱出する場面という。(中略)現在の飾毛綴は見送り幕として合うように仕立てなおされ、本来の大きさは失っている。(西川丈雄)」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
染織工芸  (753 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.369
キーワード
(Keywords)
大津祭
天孫神社
重要文化財
工芸品
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000102624解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!