このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
県立長野図書館 (2110021)管理番号
(Control number)
県立長野-12-010
事例作成日
(Creation date)
2011年12月09日登録日時
(Registration date)
2012年09月22日 14時24分更新日時
(Last update)
2021年01月28日 17時23分
質問
(Question)
宮本圭子著 仁礼宿口「馬頭観世音」碑における「馬元長」について『須高 第73号』2011.10に、善光寺の境内にある筆塚の碑文が転記されている。その漢文の文章を書き下し文にしたものや意味がわかる資料があったら紹介してほしい。
また、同論文末には参考文献が掲出されているので、関係する部分があるか知りたい。
回答
(Answer)
善光寺筆塚の碑文を書き下し文および口語訳にした資料は、同論文末の参考文献も含め確認できず。
同論文末の参考文献中、『長野市史』長野市役所 1925 p.248の「馬島禅長」(冢田大峯撰碑文による)の項に、「馬島安棲名善長」で始まる筆塚の碑文を要約した形の書き下し文があり、この全文を紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
1.当館所蔵の『須高 第73号』で、当該論文「仁礼宿口「馬頭観世音」碑における「馬元長」について」の内容と、善光寺筆塚の碑文を確認。
2.参考文献のうち所蔵するものを確認する。
『長野市史』『善光寺史研究』『長野市の石造文化財』等。『長野市史』にのみこの碑文を出典とする「馬島禅長」の項があり、口語訳はないが書き下しで筆塚碑文と重なる部分があり。この部分を紹介した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
石彫  (714)
参考資料
(Reference materials)
『長野市史』長野市役所 1925[N212/46-1]
『須高 第73号』須高郷土史研究会(平成23年10月15日)
『長野市の石造文化財』長野市教育委員会 1978[N714/8]
『長野市誌 第4巻 歴史編 近世2』長野市 2004[N212/318/4]
『同上 第8巻 旧市町村編』同上 1997[N212/318/8]
『善光寺之碑文集』小林済著 長野郷土史研究会 1977[N181/86]
『長野県史蹟名勝天然紀念物調査報告』第1~第7巻 長野県文化財保護協会 1974~1975[N290.2/211]
『善光寺史研究』小林計一郎著 信濃毎日新聞社 2000[N181/194]
キーワード
(Keywords)
善光寺筆塚
馬島禅長
馬禅長
馬元長
信州学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000111693解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!