このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
滋賀県立図書館 (2110049)管理番号
(Control number)
滋2011-1602
事例作成日
(Creation date)
2012/09/30登録日時
(Registration date)
2012年03月03日 02時02分更新日時
(Last update)
2013年03月11日 00時30分
質問
(Question)
涌泉寺九重塔の概要を知りたい。
回答
(Answer)
涌泉寺は東近江市鋳物師町にあります。『滋賀県百科事典』によりますと、概要は「(前略)九重塔はその軸石(じくいし)に「永仁三年(1295)興隆寺氏人云々」とあり、本来は興隆寺に造立されたものである。しかし涌泉寺と興隆寺の関係があきらかでないため、この層塔がもとから現在のところに建てられたか、またはいつの時かにここに移されたかは不明である。この塔は台石(だいいし)から相輪(そうりん)までこの当地方に産出する湖東流紋岩類中の花崗斑岩で構成されている。軸石には正面(西)に阿弥陀。順次右回りに弥勒・薬師・釈迦と、顕教系四仏坐像を舟型光背内に刻出している。笠石は軸部と屋根部を一石からつくりだし、軒先の反りは四重のみ緩やかな真反(しんぞ)りで、他は中央部に軒先(のきさき)全長の2分の1の水平を有している。相輪は伏鉢(ふくばち)から宝珠まで一石でつくりだし、屋根の逓減も少なくおちついた13世紀末の在銘の貴重な層塔である。重要文化財。(村田信夫)」とあります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
石彫  (714 8版)
参考資料
(Reference materials)
1 滋賀県百科事典 滋賀県百科事典刊行会∥編 大和書房 1984年 S-0300- 84 p.741-742

2 近江文化財全集 下巻 近江史跡会∥編集 近江史跡会 1974年 SB-7000-2
キーワード
(Keywords)
涌泉寺
重要文化財
興隆寺
石造品
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000102753解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!