このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図実習2020-03
事例作成日
(Creation date)
2019年09月05日登録日時
(Registration date)
2020年09月16日 14時19分更新日時
(Last update)
2021年02月09日 15時56分
質問
(Question)
『Living Hiroshima』が刊行された経緯を知りたい。
回答
(Answer)
参考資料1『戦争と平和:<報道写真>が伝えたかった日本』【070.1/115シ】
 p.152-162 『LIVING HIROSHIMA』
  p.152 「1949年 広島県観光協会 戦後復興と県内景勝地をアピールするために広島県観光協会が『グラフ「ひろしま」』として企画し、(略)た英文写真集。1947年8月から10月にかけて文化社の木村伊兵衛、菊池俊吉、大木実らが広島市をはじめ呉、尾道、鞆の浦などを撮影して回り、(略)」

参考資料2『広島県立図書館友の会ニュース 本の虫MOTH』No.22(平成25年2月),広島県立図書館友の会【雑誌】
 [p.6-7] 「平成24年度第1回ブックサロン 「『LIVING HIROSHIMA』と三冊の写真帳」」
  [p.6] 「当時の広島は世界で初めての被爆地として注目を集めていました。そこで、財政の逼迫していた広島県は”観光広島”という打開策を掲げ、観光政策の一環として県観光協会が『グラフひろしま』の製作を事業計画として取りあげました。」
  [p.6] 「この頃の日本はインフレのピーク。その上、原爆に関してはGHQによる厳しい言論統制。(略)厳しい状況の中、『グラフひろしま』は、最終的に誌名を『生きている広島(LIVING HIROSHIMA)にかえて、昭和24年5月、遂に完成します。」

参考資料3『photographers' gallery press no.12』【H74/カシケ114ア】
 p.51-79 「座談会『LIVING HIROSHIMA』をめぐって」
  p.53 「『LIVING HIROSHIMA』は、広島県観光協会が『グラフ「ひろしま」』と題して企画し、同協会所属で瀬戸内海文庫(広島市)を創業したばかりの田中嗣三(1902~1994)が発行者となった。」

参考資料4『戦後広島のドキュメンタリー・グラフ:田中嗣三と『生きている広島』』【H289/タナツ106ア】
 p.1 「昭和二十四年(一九四九)五月、被爆地ヒロシマの実情と広島県内の観光名所・風景などを紹介する初めての本格的な写真集が刊行されました。この写真集は、海外向けに広島を紹介する目的でつくられたもので、『LIVING HIROSHIMA(『生きている広島』)』という書名で出版されました。」
 p.2 「『生きている広島』は、当初は『グラフひろしま』として出版が計画された。この計画は、広島県観光協会が県の事業計画として取り上げたものである。終戦後、県の財政は極度に疲弊しており、その打開策として“観光広島”が掲げられ、その一環として『グラフひろしま』の製作が決定された。」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
写真  (740 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
1『戦争と平和:<報道写真>が伝えたかった日本』白山眞理,小原真史/著,平凡社,2015 (p.152-162 『LIVING HIROSHIMA』)
2『広島県立図書館友の会ニュース 本の虫MOTH』No.22(平成25年2月),広島県立図書館友の会【雑誌】 ([p.6-7] 「平成24年度第1回ブックサロン 「『LIVING HIROSHIMA』と三冊の写真帳」」)
3『photographers' gallery press no.12』photographers' gallery,2014 (p.51-79 「座談会『LIVING HIROSHIMA』をめぐって」)
4『戦後広島のドキュメンタリー・グラフ:田中嗣三と『生きている広島』』[広島県立文書館/編]、広島県立文書館,2006 (p.2 「『生きている広島』の出版計画」)
キーワード
(Keywords)
LIVING HIROSHIMA
広島県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000287229解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!