このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000163846
提供館
(Library)
同志社大学 今出川図書館 (3310014)管理番号
(Control number)
2014-051
事例作成日
(Creation date)
2014年11月18日登録日時
(Registration date)
2014年12月01日 14時46分更新日時
(Last update)
2015年10月30日 11時15分
質問
(Question)
①日本と世界のピアノの普及・浸透率を示すデータが知りたい。
②ピアノ(15世紀初めのフォルテピアノ~19世紀のピアノ大量生産時代まで)の見た目(色や形)の変化がわかる資料を探している。
回答
(Answer)
回答プロセスをご覧ください。
回答プロセス
(Answering process)
①日本、世界のピアノの普及・浸透率について
(1)日本のピアノ普及率
・『全国消費実態調査報告』総務省統計局統計調査部消費統計課.
 「年間収入階級別1000世帯当たり主要耐久消費財の所有数量」の項目にピアノ有り。
・『工業統計調査』経済産業省構造統計室
 「品目別出荷及び産出事業所数」に出荷数の記載あり。
・『JAPAN PIANO ATLAS 』ミュージックトレード社.
  2000年版の目次情報に「ピアノ普及率」とあり。( http://musictrades.shop-pro.jp/?pid=80694184 [参照:2014-12-26])

(2)世界のピアノ普及率
・『楽器の事典 ピアノ』東京音楽社, 1990.
 p.440に「各国のピアノ生産数」の掲載有り。P. 446~449にも生産数に関する記述がある。
・増井敬二編著『データ・音楽・にっぽん』 民主音楽協会民音音楽資料館, 1980.
 「西ドイツにおける楽器の生産」(p.43)「世界のピアノ生産数」(p.46)などが掲載されている。
・United States Bureau of,the Census.“Abstract of the census of manufactures 1914” Government Printing Office, 1917.
p.254~ ピアノの総生産台数、アップライト・グランドピアノ別数値など。  
http://books.google.co.jp/books?id=zZXtAAAAMAAJ&pg=PA254&dq=census+of+manufactures+piano&hl=ja&sa=X&ei=xEBsVJTgCKSzmwX4hYC4Dw&redir_esc=y#v=onepage&q=census%20of%20manufactures%20piano&f=false [参照:2014-12-01]
(HathiTrust's digital library でも閲覧可。 http://catalog.hathitrust.org/Record/000967254?type%5B%5D=all&lookfor%5B%5D=Abstract%20of%20the%20census%20of%20manufactures&ft=ft [参照:2014-12-26])

②ピアノの見た目の変化がわかる資料
・『ピアノの歴史 : グラフィック』属啓成著. 音楽之友社, 1986.
 写真多数掲載あり。
・『「図解」世界楽器大事典』黒沢隆朝著. 雄山閣, 2005.
 第7章「ピアノ」挿図あり。

※その他参考情報
・水野 宏美「近代の家族生活とピアノ文化(<特集>変容する社会と家族)」『哲學』2001年, 106号, p.59-91.
  http://ci.nii.ac.jp/naid/110007409388 [参照:2014-12-01]
 ピアノが一般家庭に普及していった要因について述べている。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
楽器.器楽  (763)
参考資料
(Reference materials)
総務省統計局. 全国消費実態調査報告. 日本統計協会. (NCID:AN10057930)
経済産業省. 工業統計調査. 経済産業調査会 (NCID:AA1155494X)
楽器の事典ピアノ 改訂. 東京音楽社, 1990. (NCID:BN04763699)
増井敬二 編著. デ−タ・音楽・にっぽん. 民主音楽協会, 1980. (NCID:BN0079484X)
大木 裕子. 欧米のピアノメーカーの歴史--ピアノの技術革新を中心に. 2010-10. 京都マネジメント・レビュー(17) p. 1~25
http://ci.nii.ac.jp/naid/110007860938  (参照:2014-12-01)
属啓成 著. ピアノの歴史 : グラフィック. 音楽之友社, 1986. (NCID:BN00569843)
黒沢隆朝 著. 図解世界楽器大事典 普及版. 雄山閣, 2005. (NCID:BA71488036)
水野 宏美. 近代の家族生活とピアノ文化. 2001-03. (特集 変容する社会と家族) 哲学 106 p. 59~91
http://ci.nii.ac.jp/naid/110007409388  (参照:2014-12-01)
キーワード
(Keywords)
ピアノ
普及率
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000163846解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!