このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000051151
提供館
(Library)
同志社大学 今出川図書館 (3310014)管理番号
(Control number)
2009-006
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2009年01月26日 16時49分更新日時
(Last update)
2017年03月07日 14時12分
質問
(Question)
同志社カレッジソングの1番と4番がよく歌われる理由は?
回答
(Answer)
確実な理由は分かりませんでしたが、グリークラブからの回答と、
『同志社ソングと作詞事情の件』から以下のような可能性が考えられます。
回答プロセス
(Answering process)
1.グリークラブ関係者によると、作詞者のW.M. Vories氏より、2番、3番は戦意を鼓舞するものなので、
できれば1番、4番を歌ってほしいという希望があり、グリークラブでは1番、4番を歌うことが多いということでした。     
                  
2.『同志社ソングと作詞事情の件』(京都 : [田中良一] , 1957.3)に、
作詞者Vories氏が“ワンパーパス”に「詩想の根拠を置いて書き続け」たこと、
また「・・・三節までは神のため、同志社のため、祖国のためとうたったが、
最後の四節において世界同朋のためとうた」ったことが記されています。
そして「世界同朋のため」に同志社の学生が実行することを願い、
「合唱する時は必ず四節目もうたって下さい」とVories氏は述べています。
このことから、4番がよく歌われるのはVories氏の希望が反映されていると言えるかもしれません。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
音楽史.各国の音楽  (762 9版)
大学.高等.専門教育.学術行政  (377 9版)
参考資料
(Reference materials)
『同志社ソングと作詞事情の件』(京都 : [田中良一] , 1957.3) (大今図 B1階書庫 099.09||T9545)
キーワード
(Keywords)
Doshisha
College Song
同志社関係
Glee Club
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000051151解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!