このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000212101
提供館
(Library)
金沢市図書館 (2310230)管理番号
(Control number)
玉川-000470
事例作成日
(Creation date)
2017/2/18登録日時
(Registration date)
2017年03月17日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年01月28日 00時30分
質問
(Question)
【映画年鑑について】  2月の始めに「映画年鑑2017」が出版された。まだ、入っていないなら代わりの本(1年間の映画情報を網羅し、300pを超える図書)を紹介してほしい。また、映像関係の専門機関はすでに所蔵しているはず。どこにあるか調べてほしい。
回答
(Answer)
毎年購入している本だが、2017年版は未入荷。今月中に入る予定である。
一定期間の映画作品を網羅した本や関連本は所蔵しているが、通年で映画情報を発信する300pを超える図書は見つけられなかった。

映像関係の機関と、国立国会図書館ホームページ、google等で検索した。
主な機関は次のとおり。
東京国立近代美術館フィルムセンター
【URL】 http://www.momat.go.jp/fc/
喜多川記念映画文化財団
【URL】 http://www.kawakita-film.or.jp/index.html
松竹大谷図書館
【URL】 http://www.shochiku.co.jp/shochiku-otani-toshokan/

大学のうち映画に特化した図書館をもつものは
日大芸術学部
【URL】 http://www.art.nihon-u.ac.jp/library/
早稲田大学坪内博士記念演劇博物館
【URL】 http://www.waseda.jp/enpaku/
日本映画大学 
【URL】 http://www.eiga.ac.jp/library/
などが見つかった。インターネットで蔵書検索ができる館で、「映画年鑑2017」所蔵の有無を調査したが、所蔵している館はなかった。(2017年2月確認)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
芸術  (7 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000212101解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!