このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
MYG-REF-200142
事例作成日
(Creation date)
2020/05/03登録日時
(Registration date)
2020年08月23日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年08月23日 00時30分
質問
(Question)
「危険運転致死」とはどのような内容の法律でどんな罰則があるのか
回答
(Answer)
法情報総合データベース「D1-Law.com」( https://www.d1-law.com/  最終アクセス日:2020/5/1)で,フリーワード「危険運転致死」でお調べしたところ,「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律/(危険運転致死傷)第二条」がヒットしました。

当該法令については下記資料に記載がありました。
資料1 山下/友信編集代表,山口/厚編集代表『六法全書 平成29年版1』有斐閣, 2017.3【320.91/2017.3/1】
p.2678「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律/(危険運転致死傷)第二条」の項
「次に掲げる行為を行い、よって、人を負傷させた者は十五年以下の懲役に処し、人を死亡させた者は一年以上の有期懲役に処する。(後略)」

また,以下資料にも関連する記載がありました。
資料2 『交通事故の法律知識 2015 第3版』 自由国民社, 2015.7【681.3/2015.7】
p.313「自動車運転死傷行為処罰法」の「(危険運転致死傷)第2条」の抜粋が掲載されています。
p.320「交通事故・違反者に対する主な罰則」の表の「危険運転致死傷」の欄に以下の記載がありました。
「(自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律2条)
 負傷させた者は15年以下の懲役
 死亡させた者は1年以上の有期懲役
 (同3条)
 負傷させた者は12年以下の懲役
 死亡させた者は15年以下の懲役」
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
交通政策.行政.経営  (681 9版)
参考資料
(Reference materials)
山下/友信?編集代表 山口/厚?編集代表. 六法全書 平成29年版1. 有斐閣, 2017.3【320.91/2017.3/1】:p.1861
. 交通事故の法律知識 [2015]第3版. 自由国民社, 2015.7【681.3/2015.7】:pp.313,320
キーワード
(Keywords)
道路交通 -- 法令
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000286161解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!