このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
8204
事例作成日
(Creation date)
2008年02月15日登録日時
(Registration date)
2011年01月19日 10時59分更新日時
(Last update)
2017年02月16日 10時52分
質問
(Question)
「サンケイ・リビング高松」に掲載された香川の交通マナーについての記事
回答
(Answer)
 1267号(2004.3.6)気になる身のまわりのマナー違反→交通なし。2面は別記事
 1408号(2007.4.7)さぬきルール→交通編もあり
 1412号(2007.5.12)今、気になるマナー違反→交通2面に少しあり
回答プロセス
(Answering process)
(関連資料)

・交通安全教育の意義と役割 香川県交通安全教育推進会議の活動を踏まえて 井原健雄/編著 正岡利朗/編著 勁草書房 2011.1(日本交通政策研究会研究双書 25) 文献あり 索引あり

   内容: 交通安全教育の経緯と現況 / 井原健雄著
   交通事故等の状況と住民意識 / 正岡利朗著
   交通安全教育の状況とその評価 / 正岡利朗著
   交通安全教育の意義 / 正岡利朗著
   実践的な交通安全教育の推進 / 正岡利朗著
   香川県交通安全教育推進会議の取り組み / 井原健雄著
   交通安全教育教材の開発 / 正岡利朗著
   交通安全教育手法の開発 / 正岡利朗, 高塚順子著
   交通安全教育の重点化と役割 / 井原健雄著
   一般件名:交通安全,安全教育

 日販マーク内容紹介:10年間にわたる「交通安全教育に関する調査研究」の成果を踏まえ、交通安全教育の望ましいあり方と効果的な取り組みについて論じる。交通安全教育について真の理解と認識を深め、効果的に実践するための1冊。

(関連記事)
・讃岐路 劣悪運転マナーのなぞ 四国新聞 2002/5/26
   http://www.shikoku-np.co.jp/feature/tuiseki/171/

・「へらこい」県民性/交通事故との関係探る 四国新聞 2010/12/15
   http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/social/article.aspx?id=20101215000106

・(香川TODAY)運転マナーなぜ悪い 穏やかで誠実な人ばかりなのに 朝日新聞 2008年06月24日 朝刊 香川版 32p

・交通事故死、全国最悪の水準 2010年比11人増、県警が対策強化へ /香川県
   朝日新聞香川版 2012年01月05日
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
交通政策.行政.経営  (681)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
交通安全
安全教育
香川県
地方性
県民性
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
(関連情報)

香川県くらし安全安心課からのお知らせ
更新日:2013年1月11日
◎交通死亡事故が多発しています!!
http://www.pref.kagawa.lg.jp/kurashi/koutsuu/

「※交通死亡事故多発による異常事態に対する知事コメント
http://www.pref.kagawa.lg.jp/kurashi/koutsuu/tijikoment.pdf

■飲酒運転による事故が全国最悪ペースで多発!!

   飲酒運転による事故件数:4.74件
   (昨年上半期の県内の人口10万人当たり)
   [全国平均の約3倍・2年連続ワースト1位]

 飲酒運転は犯罪です!!
   お酒を飲んだら絶対に車を運転してはいけません。
   お酒を飲んだ人には車を運転させないでください。
   車を運転する人にはお酒を勧めないでください。
  
  一人ひとりが、交通ルールを遵守し、交通マナーを実践しましょう!! 」
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000076771解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!