このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
大阪府立中之島図書館 (2120002)管理番号
(Control number)
6001043215
事例作成日
(Creation date)
2020/01/29登録日時
(Registration date)
2020年03月28日 00時31分更新日時
(Last update)
2020年03月28日 00時31分
質問
(Question)
木津川沿岸の「川上新田」の開発者と開発年、開発された面積とその位置を知りたい。
回答
(Answer)
次の資料に記載がありました。
・『郷土加賀屋の歴史』(川端直正/編集 大阪市立加賀屋小学校 1954)
「四 新田の話」の章(p.14-18)に開発された新田の一覧が掲載されており(p.15-17)、「新田名」「開発年」「面積」「開発者」が記載されています。
p.17の「川上」(新田名)の箇所には、「明治三年」(開発年)、「(二[町]六[反]三[畝]〇六[歩])」(面積)、「山中喜平」(開発者)とあります。
また、折込の図として「加賀屋新田の図」が掲載されており、ここに川上新田の位置が図示されています。

開発者と開発年については、次の資料でも確認できます。
・『大阪府全志 巻之3』(井上正雄/著 大阪府全志発行所 1922)
p.116-117に「大字北加賀屋」の項目があります。
「川上新田はもと木津川の押海堤に沿える寄洲なりしが、和泉国大鳥郡堺の人山中喜平、官許を得て明治三年之を開墾し、川上新田と名づけて住吉郡に属せしものなり。」(p.116)とあります。

・『大阪府の地名 I (日本歴史地名大系 28‐[1])』(平凡社 1986.2)
「川上新田」の項目(p.737)に「当地はもと木津川河口左岸の押海堤に沿う寄洲であったが、堺の山中喜平が明治三年(1870)に官許をえて開発に着手、翌年完成、住吉郡に属した。」とあります。

・『住之江区史』(大阪都市協会/編集 住之江区制十周年記念事業実行委員会 1985)
「新田開発と農業の発展」の章(p.16-25)に「その他の新田」の項(p.20-22)があり、次の記述があります。
「住吉川南岸の駒井新田は文化十四年(1817)中在家村(粉浜)の駒井丹次郎が埋め立て、木津川沿いの川上新田は明治三年、堺の山中喜平が寄州を開墾したものだが、明治15年12月、それぞれ南加賀屋新田、加賀屋新田と合併して南加賀屋新田、北加賀屋新田になった。」(p.21)

〔事例作成日:2020年1月29日〕
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
農業経済・行政・経営  (611 10版)
近畿地方  (216 10版)
参考資料
(Reference materials)
郷土加賀屋の歴史 川端/直正∥編集 大阪市立加賀屋小学校 1954
大阪府全志 巻之3 井上/正雄∥著 大阪府全志発行所 1922
日本歴史地名大系 28‐[1] 平凡社 1986.2
住之江区史 大阪都市協会∥編集 住之江区制十周年記念事業実行委員会 1985
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
大阪,地名・地域
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000279677解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!