このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000042515
提供館
(Library)
兵庫県立図書館 (2110027)管理番号
(Control number)
兵図00042
事例作成日
(Creation date)
2006/11/30登録日時
(Registration date)
2008年03月16日 02時10分更新日時
(Last update)
2013年01月21日 16時57分
質問
(Question)
福島県で明治10年前後、馬が多く所有された理由(質問者の話では『宇多郡村誌』の中に牛より馬の所有が多い
旨が記載されている)
回答
(Answer)
①『福島県史 第4巻』(福島県(文書学事課)/1971)p140表1 旧福島県人口、反別、牛、馬, p224-228に産馬
  会社の創立の記述あり  
②『日本馬政史 4』(明治百年史叢書)(帝国競馬協会編/原書房/1982)p112-113〔明治7年〕種馬取扱並生駒
  畜養場之概則 
③『明治馬券始末』(大江志乃夫著/紀伊国屋書店/2005)p017~019の「ロシア人には愛馬、日本軍には武器」
  の項に「・・・日本軍にとって軍馬は兵器であり・・・」との記述あり 
④『近代 馬と日本史 4』(馬の文化叢書 第5巻)(神崎宣武編/馬事文化財団/1994)p478-481に政府・陸軍が
  主導の「馬政」(馬事政策)について記述あり
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
家畜.畜産動物.愛玩動物  (645 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
福島県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000042515解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!