このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
石川県立図書館 (2110016)管理番号
(Control number)
0000001062
事例作成日
(Creation date)
2014/02/19登録日時
(Registration date)
2014年12月22日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年03月14日 16時22分
質問
(Question)
香箱(甲箱)ガニの名前の由来が知りたい。
回答
(Answer)
(1)五木寛之著「風に吹かれて」(『五木寛之エッセイ全集 2』)p264-265によると、
「日本海側の魚については有数の権威者である岡良一氏から、こんな話を聞いた。岡氏は中野重治氏、窪川鶴次郎氏、森山啓氏などと共に四高で活躍していた往時の文学青年で、国会釣クラブのリーダーとして活躍した政治家だ。
地元の詩人だった村井さんという友人と、当時金沢に住んでいた犀星の家へ呼ばれて行った時の話である。
犀星は目の前にコウバコガニを数匹並べて首をひねって曰く、
「コウバコガニとはどう書くのかのね」
「さあ」
「定まった漢字がないのなら、ひとつわれわれで字を考えようじゃないか」
というわけで三人で頭をひねった。(中略)やがて村井青年が、
「日本海の香りを秘めたカニということで、香箱蟹というのはどうでしょう」
「うむ、香箱蟹か。なるほど」
犀星先生、何度か、掌に字を書いてみて、
「きみ、箱はちょっとあれだ。香筐蟹とした方がいいじゃないか」
と、あります。(すでにお調べのものです。)

(2)泉鏡花著「卵塔場の天女」(『石川近代文学全集 1』)p403には、
「こうばく蟹いらんかねえ、こうばく蟹買つとくなあ。」(中略)
(子をば食ふ蟹)か、と考えた。・・・・・・女が売るだけにこれは不躾だつた。香箱蟹ださうである。ことりと甲で蓋をして如何にも似て居る。」
とあります。

(3)山本健吉著「鏡花の芸術」(山本健吉全集 第11巻)p344には、
「彼(鏡花)は金沢のこうばく蟹の由来を私にしてくれたが、これは外のどんな金沢人からも聞いたことのない話であった。
 ずわい蟹のめすはずっと小さくて、こうばく蟹と言う。それは香箱に似ているから、そう呼ぶのだと思っていたが、そうじゃないんだね。金沢では可愛いということを、「こうばく」と言うのだ。小さく、ませているのが「こうばく」なのだ。ずわい蟹のめすは、おすの四半分くらいの大きさだが、腹にぎっちり子がつまっていて、それが何とも言えずうまい。だからこうばくなんだね。
 この泉鏡花説を石川県出身の杉森久英君にしたら、それははじめて聞く説だが、当たっているにちがいない、と言った。」
とあります。

(4)山本健吉著「妣の国」(石川近代文学全集 14)p386には、
「鏡花はこの名前について、香箱みたいな形だから、こうばく蟹というのだと思っていたが、それはまちがっていた。こうばくとは金沢では可愛いということなのだ。可愛い蟹ということだった、といった。
鏡花のこの説は、金沢でも知らない人が多い。だが私は、母がある時、「こうばくなお子や」といったことを耳にしていた。小さくて、可愛くて、しかもませている、といった感じで使う。小さくても子(味噌)をもっているこうばく蟹は、まさに可愛くて、ませているといえるであろう。」
とあります。

(5)「鏡花、犀星も悩んだコウバコ」(『頑張りまっし金沢ことば』)p106~107では、
上記の説のほかに、
・「先祖の言い伝えでは、高貴な人が食べたから香箱という漢字を当てた」
・「甲羅の中の子が真っ赤で爪などは白い。その対照的な色合いから紅白となった」
などの説も載せています。

(6)『石川県方言彙集』p70によると、
「こーばくな」を「マセクラシイ、オトナブル」としていて、こういう方言があることは確かなようです。

(7)小林輝冶著「鏡花による方言の問題一、二-「凧(いか)あげ」と「こうばく蟹」-」(『金沢都市民俗文化研究所研究報告書 平成23年度』)p22には、
「金沢ではませた子のことをコウバクな子やっていうがや。コウバク蟹は小さいが甲羅が赤いやろ。それで人前でこっちの顔の赤くなるようなことも平気でいう、それがコウバクながや、そういうコウバクな子のイメージに重ね「コウバク蟹」といういうわけや。コウバクなという方言を正面から教えられて成程と合点した。今からもう五〇年以上前に聞いた話である。」
とあります。
回答プロセス
(Answering process)
Google booksで検索してヒットしたもの、方言関連の図書を確認。
事前調査事項
(Preliminary research)
五木寛之著「風に吹かれて」(『五木寛之エッセイ全集 2』)p238、p263~265にあり。
NDC
水産業  (66 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 五木寛之エッセイ全集 2 五木/寛之?著 講談社 1979.10 914.6/1594/2
2 石川近代文学全集 1 小林/輝冶?[ほか]編集 石川近代文学館 1987.7 K908/3/1
3 山本健吉全集 第11巻 山本/健吉?著 講談社 1983.10 910.8/22/11
4 石川近代文学全集 14 小林/輝冶?ほか[編集] 石川近代文学館 1993.9 K908/3/14
5 頑張りまっし金沢ことば 北国新聞社編集局?編 北国新聞社 1995.5 K810/33
6 石川県方言彙集 石川県教育会∥編 国書刊行会 1975 K810/6
7 金沢都市民俗文化研究所研究報告書 平成23年度 金沢都市民俗文化研究所?編集 金沢都市民俗文化研究所 2012.3 K381/1001/011
キーワード
(Keywords)
香箱ガニ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000165192解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!