このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
横浜市中央図書館 (2210008)管理番号
(Control number)
横浜市中央2608
事例作成日
(Creation date)
2019年05月30日登録日時
(Registration date)
2021年01月07日 17時16分更新日時
(Last update)
2021年01月08日 14時22分
質問
(Question)
横浜中華街の中華料理店について調べている。初めて出店した中華料理店はどこの店か。
回答
(Answer)
 明治3(1870)年の人名録で初めて2軒の中華料理店が登場したことが
わかりましたが、この2軒の詳細について書かれている資料は見つかりませんでした。
 また、現存する最古の中華料理店が「聘珍楼」であると書かれている資料が
複数見つかりました。

1 人名録に初めて登場した中華料理店
 (1) 『横浜もののはじめ考』 横浜開港資料館/編 横浜開港資料館 2010.3
    p.62-63 「中華街とチャイニーズ・レストラン」
    「明治三年版の人名録に、四九番ウォン・チャラーと八一番アー・ルンの二軒の
    チャイニーズ・イーティング・ハウスが登場するが、その後もさほどふえていない。
    二〇年の中国人商店の調査によると、一番多いのは荒物業の二五軒、
    料理は四位で一〇件であった。」

 (2) 『ジャパン・ディレクトリー 第1巻 1861~1875年』 ゆまに書房 1996.7
    1(1)アの「人名録」とは『ジャパン・ディレクトリー』のことで、
    この資料は幕末・明治の在日外国人・機関を記した名鑑です。
    最も古いものは1861年で、順を追って見ていくと、
    初めて明治3(1870)年版のp.7に「WONG CHALAH(Chinese Eating House)」、
    p.10に「AH LUM(Chinese Eating House)」の2軒が確認できます。

2 現存する最古の中華料理店
  創業の年は「1887年創業」と書かれているものと、
 1934年時点で「創業五十年」と書かれているものの2種類が見つかりました。
 (1) 『横浜今昔散歩』 原島広至/著 中経出版 2009.6
    p.73 「中央の聘珍楼は、1887年(明治20)創業の老舗の広東料理店。
    日本に現存する最古の中国料理店。」

 (2) 『横浜中華街』 田中健之/著 中央公論新社 2009.7
    p.190-192 「初期の横浜中華街の料理」
    「現在、横浜中華街に現存する店の中で、明治時代から続いている老舗は、
    「聘珍樓」と「萬珍樓」のみだ。聘珍樓の創立は一八八七年、萬珍樓は一八九二年。
    聘珍樓、萬珍樓が創業する以前の中華料理屋は、港で働く中国人労働者用の「鋪」と
    付く一杯飯屋みたいなものであったと思われる。」

 (3)  「濱自慢五十佳選めぐり15 萬新楼と聘珍楼」
    (「横浜貿易新報」1934年7月23日 p.5)
    聘珍楼について、「創業五十年の業績に普く全国にしられた東邦最古」
    の中華料理店と紹介されています。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
商業史.事情  (672 8版)
関東地方  (213 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000292031解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!