このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
牛久市立中央図書館 (2310059)管理番号
(Control number)
牛久-1661
事例作成日
(Creation date)
2020/03/29登録日時
(Registration date)
2020年12月22日 00時30分更新日時
(Last update)
2020年12月22日 00時30分
質問
(Question)
牛久市の過去の水害(特に牛久沼周辺)について知りたい。
回答
(Answer)
○牛久沼の水害の原因として牛久沼と繋がる小貝川の氾濫を挙げ、当該地域が水害に見舞われやすい地域だったことをうかがわせる次の資料を紹介。
・『牛久沼 水論の歴史地理的考察』(野口武太郎/野口明/1969)…p92-93
・『私たちの牛久沼 取り戻そう美しい水面』(茨城県県南地方総合事務所編/茨城県県南地方総合事務所/2004.2)…p4
・『城中・新地、上町・下町の民俗』(牛久市史編さん委員会民俗部会/牛久市/1993)…p31-55 
 
○水害の具体的な時期や被害状況がわかる記述がある資料を紹介。
・『牛久市史 近世』(牛久市史編さん委員会編/牛久市/2002.12)
…p331-332で、牛久沼近くの新地(当時は新地村)の水害被害について、寛文3年(1663)、寛文6年(1666)、天保6年(1835)の年貢割付状の内容の記述あり。
・『牛久市史 近現代2』(牛久市史編さん委員会編/牛久市/2002.12)
…p17の寛永4(1627)の項目に「牛久沼氾濫」、明治28(1895)の項に「牛久沼増水」の記述あり。
    
○牛久の水害の一因である小貝川の水害年表が掲載されている資料を紹介。
・『竜ケ崎郷土史』(鈴木秀雄編/竜ケ崎市/1958.10)
…p122に「一七〇〇年代より現代に至る約二百五十年間に、利根、小貝の洪水は次表の如く三十一回に及ぶ。」との記述あり。
…p123-124に水害年表(下利根川小貝川沿岸水防組合調査)あり。
回答プロセス
(Answering process)
1. 牛久沼についての郷土資料が集まる書架を確認。水害記録を整理し詳述した資料は見つからなかったが、水害の原因に言及している資料があった。
(1)『牛久沼 水論の歴史地理的考察』(野口武太郎/野口明/1969)
…p26-27 第二章 四 干拓の失敗(一)干拓地累年の水害
…p92-93 第四章 四 沼内水田をめぐる紛争(一)牛久沼の水害と沼内水田
水害に焦点を当てた資料ではないが、牛久沼について詳述されている。「牛久沼の水害には二つの原因がある。一つは小貝川が氾濫して、その逆流水が牛久沼に流入して起る場合と、牛久沼周辺および上流の停滞水によって起る場合とである。」との記述あり。
 
(2)『私たちの牛久沼 取り戻そう美しい水面』(茨城県県南地方総合事務所編/茨城県県南地方総合事務所/2004.2)
…p4「(2)牛久沼の洪水防止」に「小貝川が増水すると牛久沼に逆流しました」との記述あり。
 
 
2. 牛久市郷土資料の棚をブラウジングし、再び牛久市の歴史や暮らしに関する資料を確認。
(3)『牛久市史 近現代2』(牛久市史編さん委員会編/牛久市/2002.12)
…p17に、「牛久沼と上流・下流の水利関係」の年表あり。寛永4(1627)の項に「牛久沼氾濫」、明治28(1895)の項に「牛久沼増水」の記述がある。この年表は第一章第二節「牛久市域と牛久沼」(p14-31)の一部だが、この節は牛久沼の水利や水産、漁業などについての記述が主で、水害についての解説はない。また、年表の内容は『牛久沼 水論の歴史地理的考察』に拠っていると付記されている。
 
(4)『城中・新地、上町・下町の民俗』(牛久市史編さん委員会民俗部会/牛久市/1993)
…城中、新地は牛久沼周辺の牛久市域。第二章「城中・新地の生業―稲荷川周辺の生業―」
…p31-55では、牛久沼に流入する稲荷川との関わりについて述べられている。
…p31「かつての新地が稲荷川の水害によく見舞われていた」
…p54「牛久沼の水は、増水時には川を逆流して上流地域に氾濫することが度々あった」
など、水害が多かったことが伺える表現が見られるが、時期や被害についての具体的な記述は見当たらない。
 
(5)『牛久市史 近世』(牛久市史編さん委員会編/牛久市/2002.12)
…p321 第五章 水に支えられる暮らし・水との闘い
…p331-332市内を流れる小野川と乙戸川の水害についての記述がある。この中で、「小野川・乙戸川と直接関係はないが」と前置きの上、牛久沼近くの新地(当時は新地村)の水害について言及がある。被害の程度を推し量ることができる資料として、新地村の寛文3年(1663)、寛文6年(1666)、天保6年(1835)の年貢割付状の内容が紹介されている。
…p357「第3節牛久沼と村むらの暮らし 1牛久沼と沿岸の村むら」に、牛久沼沿岸の村々は、牛久沼の水面の大きさに比べて水深が浅いことと、南方に氾濫を繰り返す小貝川が位置するため、近世を通じて洪水被害に悩まされ続けていたとの記述あり。
 
(6)『牛久市史料 近世2 村と生活』(牛久市史編さん委員会編/牛久市/1997.10)
…p241「4.小野川・乙戸川の水害と村むらの対応」に堤防工事の請願などについての当時の文書が複数掲載されている。 
 
 
3. 牛久沼が牛久市と隣接する龍ケ崎市にまたがる沼であり、行政上は龍ケ崎市に所属することから、龍ケ崎市の歴史や暮らしに関する資料を確認。
(7)『竜ケ崎郷土史』(鈴木秀雄編/竜ケ崎市/1958.10)
…p122「水害と水防」の項に、1700年代より現代に至る約250年間に、利根、小貝の洪水は次表の如く31回に及ぶとの記述あり。
…p123-124 水害年表(下利根川小貝川沿岸水防組合調査)
…p161-168に竜ケ崎市の年表あり。 
1871(明治4)、1896(明治29)、1902(明治35)「大洪水」、1935(昭和10)「高須橋下決潰、洪水」、1938(昭和13)「常磐線決潰、洪水」、1950(昭和25)「高須村決潰、洪水」
 
(8)『竜ケ崎市史 中世編』(竜ケ崎市史編さん委員会編/竜ケ崎市教育委員会/1998)
…p436-437「牛久沼と浮田」に牛久沼沿岸は低湿地であり、牛久沼の水が溢れるなど水害の常習地であった。近世初期に小貝川の流路が変更されたが、牛久沼の水害は継続していたとの記述あり。
 
(9)『竜ケ崎市史 民俗編』(竜ケ崎市史編さん委員会編/竜ケ崎市教育委員会/1993)
…p60-68「第二節 水田と水利」に牛久沼の浮田、堰、用水などについて記述あり。八間堀に閘門(こうもん)ができる前は、大雨が降ると川の水が逆流し沼が増水して浮田が冠水することもあったとの記述あり。
 
4. 牛久沼が小貝川の下流に位置し、小貝川は利根川の下流域にあることから、小貝川・利根川についての資料を確認
(10)『下利根川沿岸水利と水害予防』(宮本亀次郎編纂/下利根川小貝川沿岸水害予防組合/1984)
…p203-216「第六章第二節 牛久沼用水組合」に牛久沼の用水に関する沿革の記載あり。
 
(11)『鬼怒川小貝川 自然文化歴史』(鬼怒川・小貝川読本編纂会議、編集委員会編/鬼怒川・小貝川サミット会議/1993.3)
…p82-86「 第二章 一 (2)洪水と暮らしの知恵―水との闘い」に小貝川の洪水について、時期や被害など鬼怒川とともに詳述。「牛久沼」は記載なし。
 
(12)『利根川治水私考 下』(渡辺一男/筑波書林/1992.4)
…p256-261に、昭和61年の小貝川の水害についての記述があるが、牛久市には言及されていない。
…p322-331に「付録 利根川水害年表要約」の一覧あり。
…p332-355に「下流域における洪水・水害・暴風雨の年代別表」の年表あり。
…p352の昭和10年の部分に「牛久沼氾濫(馴柴村) 被害甚大 十二、〇〇〇町歩氾濫」との記述があるが、「馴柴村」は現在の龍ケ崎市にあたる。
 
(13)『利根川と農 下巻』(渡辺一男/筑波書林/1981)
…p1-19「第一章 下流域の台風と水害」
…p2に、1603年~1975年の水害の回数を整理した「被災頻度表」があるが、牛久沼や牛久市域については言及されていない。
…巻末に水害年表があるが、内容は『利根川治水私考 下』に掲載されているものと同じ。
 
(14)『ふるさといばらきの川』(ふるさといばらきの川編集委員会編/茨城県/1988)
…p123-125に、昭和61年の小貝川の水害についての記述があるが、牛久市には言及されていない。 
 
(15)『利根川百年史 治水と利水』(利根川百年史編集委員会[ほか]編/建設省関東地方建設局/1987)
…記述なし
 
(16)『鬼怒川・小貝川水と暮らし』(鬼怒川・小貝川流域を語る会「水利用読本」編纂会議編纂/高田印刷/2002.5)
…p127-128「(9)牛久沼水利の歴史」に牛久沼の位置、水源、成り立ち、名前の由来あり。治水や利水事業、干拓の記載はあるが、水害についての記述なし。
 
→以上の調査結果より、
○牛久沼が水害が起こりやすい地域だったことのわかる資料(1)(2)(4)を紹介。
○水害の時期や被害のわかる資料(3)(5)を紹介。
○牛久の水害の一因である小貝川の水害年表が掲載されている資料(7)を紹介。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 10版)
農業経済・行政・経営  (611 10版)
河海工学.河川工学  (517 10版)
参考資料
(Reference materials)
B10128824 牛久沼 水論の歴史的地理考察 野口武太郎/著 野口明 1969 611.29
B10443062 私たちの牛久沼 取り戻そう美しい水面 茨城県県南地方総合事務所/編 茨城県県南地方総合事務所 2004.2
B10367749 牛久市史 近現代2 牛久市史編さん委員会/編 牛久市 2002.12 213.1
B10128695 城中・新地、上町・下町の民俗 牛久市史編さん委員会民俗部会 牛久市 1993
B10379909 牛久市史 近世 牛久市史編さん委員会/編 牛久市 2002.12 213.1
B10124188 竜ケ崎郷土史 鈴木秀雄/編 竜ケ崎市 1958.10 213.1
竜ケ崎市史 中世編 竜ケ崎市史編さん委員会/編集 竜ケ崎市教育委員会 1998.3 213.1
竜ケ崎市史 民俗編 竜ケ崎市史編さん委員会/編集 竜ケ崎市教育委員会 1993 213.1
鬼怒川・小貝川水と暮らし 鬼怒川・小貝川流域を語る会「水利用読本」編纂会議/編纂 高田印刷 2002.5 517.2131
下利根川沿岸水利と水害予防 宮本亀次郎/編纂 下利根川小貝川沿岸水害予防組合 1984 517.213
利根川治水私考 下 渡辺一男/著 筑波書林 1992.4 517.213
利根川と農 下巻 渡辺一男/著 筑波書林 1981 517.2131
ふるさといばらきの川 ふるさといばらきの川編集委員会/編集 茨城県 1988 517.2131
利根川百年史 利根川百年史編集委員会/編集 建設省関東地方建設局 1987 517.213
鬼怒川小貝川 自然文化歴史 鬼怒川・小貝川読本編纂会議、編集委員会/編集 鬼怒川・小貝川サミット会議 1993.3 291.31
牛久市史料 近世2 牛久市史編さん委員会/編 牛久市 1997.10 213.1
キーワード
(Keywords)
牛久沼
水害
小貝川
牛久市
龍ケ崎市
利根川
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000291203解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!