このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
栃木県立図書館 (2110002)管理番号
(Control number)
tr440
事例作成日
(Creation date)
2016年04月07日登録日時
(Registration date)
2016年12月15日 19時35分更新日時
(Last update)
2016年12月15日 20時01分
質問
(Question)
栃木県壬生町にある道「蘭学通り」について、過去(近世以降)の町並みが分かる資料はあるか。
回答
(Answer)
■蘭学通りの位置・名称の由来
・『とちぎ街道ストーリー』(大嶽浩良/監修 下野新聞社 2007)
 p.66-71「壬生通り」の項の中に、p.67「壬生通りの一部となるメーンストリートは、10年前から整備され「蘭学通り」として生まれ変わった」とあります。
p.68-69には蘭学通りの写真、p.71には蘭学通りを含む壬生通り周辺の地図も掲載されています。

・『みぶ蘭学人あらわる』(壬生町立歴史民俗資料館/編 壬生町教育委員会 2005)
 p.13「なぜ蘭学通り?」の項に、名称の由来について「実践学を奨励した壬生藩主鳥居忠挙が蘭学を導入し、多くの蘭学者を輩出したことにちなんで命名した」とあります。
 p.17-18に「蘭学通りイラストマップ」が掲載されています。

■町並みがわかる資料
(1)享保12年
・『壬生町史 資料編 近世』(壬生町史編さん委員会/編 壬生町 1986)
p.570-600「享保十二年八月 壬生通町屋敷並びに尺間数書上帳」
壬生町の中心部の通町の屋敷を一軒ずつ記録した史料です。
p.967-970に史料の解説があります。
巻頭の口絵(カラーページ)に史料の写真があります。

(2)明治5年
・『壬生町史 資料編 近現代Ⅰ』(壬生町史編さん委員会/編 壬生町 1987)
p.819-837「壬生住宅図(明治五年)」
当時の壬生町の家並みを記録した史料です。地域ごとに分かれた切図で構成されています。
現在の蘭学通りに該当する地図はp.826-828に掲載されています。(参考:『みぶ蘭学人あらわる』)
p.875に史料の解説があります。

・『みぶ蘭学人あらわる』(再掲)
p.14に「壬生住宅図(明治5年)」が掲載されています。
『壬生町史 資料編 近現代Ⅰ』(再掲)に収録されている「壬生住宅図(明治五年)」のp.826-828とほぼ同じものですが、こちらは萬町から通町の表御門付近までの一枚図です。

(3)明治40年
・『栃木県營業便覧』(城北逸史/編著 吉本書店 1978)
※全国営業便覧発行所刊の複製資料です。 
当時の壬生町の家並みを記録した史料です。
p.80-89に壬生町が掲載されています。
現在の蘭学通りに該当する地図はp.83-88に掲載されています。

(4)【参考】昭和40年頃
・『小山・栃木・下野・下都賀今昔写真帖 保存版』(郷土出版社 2010)
p.62-63「商店が並んだ栄町通り」の項に、昭和41年頃・平成9年頃・平成22年頃の3枚の写真があります。

・『目で見る栃木・小山・下都賀の100年』(小森谷昭平/〔ほか〕編集 郷土出版社 2000)
p.118に「大手通り商店街(壬生町・昭和40年頃)」の写真があります。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213)
交通史.事情  (682)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
栃木県
壬生町
街道
蘭学通り
地図
近現代
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000203302解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!