このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000189647
提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中参考-2016-7
事例作成日
(Creation date)
2016/01/08登録日時
(Registration date)
2016年03月20日 00時30分更新日時
(Last update)
2016年03月27日 15時31分
質問
(Question)
樹木のヒマラヤスギについて資料を探している。図書館の前にある針葉樹の苗が欲しいので種類は何かという質問を受けた。木の形状や幹の表皮等からヒマラヤスギだと回答したが、球果(松ぼっくり)が無いのでヒマラヤスギではないと納得されなかった。古い木だと球果がつきにくいということを聞いたが、そのようなことが書かれている資料はないか。
回答
(Answer)
当館所蔵資料では確認できませんでしたが、国会図書館所蔵資料やインターネット情報では、ある程度の樹齢に達しないと実がつかないと書かれているものがありました。

(1)国立国会図書館資料
・久内清孝「ヒマラヤスギの毬果 其ノ一」(『自然科学と博物館』昭和18年4月号 東京科学博物館 表紙裏解説)
・朝比奈貞一「ヒマラヤスギの毬果 其ノ二」(『自然科学と博物館』昭和18年4月号 東京科学博物館 p111-112)
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2376773 (国立国会図書館デジタルコレクション(図書館送信))

ヒマラヤスギは、明治初期に日本に移入され、以前は雌花・実を見るのは非常に稀だったのが、昭和に入ってから各所で球果の報告があったこと等が書かれており、実を見たことが話題になるほど珍しかったことがわかります。
最近になって実が見られるようになった理由として、ヒマラヤスギが本邦に広まって年数を経て、実のなる樹齢に達するものが多くなったからではないかと推測しています。
また、ヒマラヤスギの毬果が付着した枝は高所にあり、樹下から仰いでも見つからないことが多いとも書かれています。

こちらの資料は、県立図書館等、国会図書館デジタル資料図書館送信参加館で閲覧・複写が可能です。

(2)インターネット資料
・自然観察大学ホームページ「ヒマラヤスギの雌花を探して…」
http://sizenkansatu.jp/tpi/tp_18.html
ヒマラヤスギについて、「開花時の雌花は約5mmと小さく、高所に在り、しかも樹齢30年を超えないと雌花を付けず、数も雄花に比べずっと少ない」と書かれています。
・市川よみうり「ヒマラヤスギの球果」
http://www.ichiyomi.co.jp/okazaki/index5.html
「ある程度の樹齢にならないと球果が成らない上、高いところの枝につくことが多いので中々気がつかないことが多い」と書かれています。

(3)葉からの同定
球果についての記述はありませんが、葉から樹木を見分ける方法等について書かれています。
・『葉っぱでおぼえる樹木』(柏書房 2005)p25「ヒマラヤスギ」
・『葉っぱで気になる木がわかる』(林将之著 廣済堂出版 2011)p34「ヒマラヤスギ」

(インターネットの最終アクセス:2016年1月13日)
回答プロセス
(Answering process)
自館目録、インターネット、国会サーチで「ヒマラヤスギ」×「球果」で情報検索。
自館所蔵の図鑑類を確認するが、ヒマラヤスギの球果の付き方に関する記述がある資料なし。
調査の過程で、葉からヒマラヤスギを見分ける資料を見つける。最終的に図書館前の木が何の木であるかわかればよいと思われるので、この資料も合わせて紹介した。

関連記述のなかった資料
・『原色樹木大図鑑(新訂)』(北隆館 2004)
・『原色新樹木検索図鑑 合弁花他編』(北隆館 1997)
・『日本の樹木』
・『世界の針葉樹』(井上書店 1987)
・『新樹種ガイドブック』(建設物価調査会 2011)
・『園芸植物図譜』(平凡社 1986)
・『園芸植物大事典 4』(小学館 1989)
・『原色日本植物図鑑 木本2』(保育社 1979)
・『樹木大図鑑』(北隆館 1991)
・『日本植物種子図鑑』(東北大学出版会 2000)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
裸子植物  (478 9版)
森林立地.造林  (653 9版)
参考資料
(Reference materials)
『自然科学と博物館』東京科学博物館 160号 1943.4)(国立国会図書館デジタルコレクション(図書館送信) http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2376773
『葉っぱでおぼえる樹木』(柏書房 2005)|0105888036
『葉っぱで気になる木がわかる』(林将之著 廣済堂出版 2011)|0106270169
キーワード
(Keywords)
ヒマラヤスギ(ヒマラヤスギ)
球果(キュウカ)
松ぼっくり(マツボックリ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
一般
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000189647解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!