このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000225552
提供館
(Library)
栃木県立図書館 (2110002)管理番号
(Control number)
tr500
事例作成日
(Creation date)
2017年11月01日登録日時
(Registration date)
2017年11月28日 15時50分更新日時
(Last update)
2017年12月21日 14時14分
質問
(Question)
栃木県庁と宇都宮市役所を結ぶトチノキ(マロニエ)の並木はいつ植えられたのか。昔は桜並木だったと聞いた。
回答
(Answer)
次の資料から関連する情報が確認できました。

・『関東の道』 (関東建設弘済会/編 関東建設弘済会 2005)
 「栃木県宇都宮市中央通り 県木でつくるシンボルロード」(p92‐93)の項があり、歴史や逸話等がまとめられています。
 これによると、明治期は桜並木であった通りにトチノキが植えられたのは昭和14年、トチノキを県におさめたのは岩舟町の「栃木」さんとのことです。

・『栃木県歴史人物事典』 (栃木県歴史人物事典編纂委員会/編 下野新聞社 1995)
 p429に「栃木林(とちぎ・はやし)」氏という人物の情報が掲載されています。
 略歴が「静和町(岩舟町)生まれ 苗木商、造園業」となっており、県庁前大通りに植樹をしたことが書かれていため、『関東の道』で記述されていた人物は、この方と思われます。

この他、次の資料からもトチノキの並木、桜並木に関する関連情報を確認しました。
・『うつのみや絵葉書風物詩』 (随想舎/編著 随想舎 1988)
 「栃木県庁」(p12‐13)の項があり、桜並木時代を写した絵葉書が2葉掲載されています。

・「下野史談 第65号」 (下野史談会/編 下野史談会 1988)
 青柳孝保「草木雑記 とちのき」(p29‐36) に、トチノキ並木についての記載も散見されます。
 トチノキ並木の中に横川信夫知事時代にヨーロッパから送られたマロニエがある等の逸話が紹介されていました。

以下の資料は、確認しましたが関連する記述を確認することができませんでした。

・『宇都宮シンボルロード計画書』 (宇都宮市/編 宇都宮市 1986)
・『栃木県史 通史編 6.近現代(1)』(栃木県史編さん委員会/編 栃木県 1982)
・『栃木縣史 第5巻 政治編』 (田代善吉/著 臨川書店 1972) ※下野史談会 1935年発行の復刻
・『栃木県庁舎竣功記念』 (栃木県/編 栃木県 1958)
・『明治・大正・昭和のパレス 栃木県庁舎の記録』 (栃木県/編 栃木県 1989)
・『とちぎ街道ストーリー』 (大嶽浩良/監修 下野新聞社 2007)
・『宇都宮まちづくり論集 「外の眼」に映る宇都宮 2 』( うつのみや市政研究センター/〔編〕 うつのみや市政研究センター 2006)
 より、塩野谷ふじ子「街の景観と街路樹」(p23-27)
・「トチペ @tochigi 生活応援情報マガジン 5巻56号」(カレンテックス・トチペ編集室 2011)
 より、「読者ライター”てまり”の道草るんるん・ルポ しりーず2-6宇都宮中心市街地”シンボルロード”編」(p16)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
森林立地.造林  (653)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
トチノキ
マロニエ
並木
桜並木
シンボルロード
栃木県庁
宇都宮市役所
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000225552解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!