このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000241704
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2018-040
事例作成日
(Creation date)
2017年03月16日登録日時
(Registration date)
2018年08月31日 15時59分更新日時
(Last update)
2018年12月19日 11時30分
質問
(Question)
東京オリンピック開催を控え、埼玉県におけるスポーツ産業の盛り上がりの推移を知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料と情報を紹介した。
『埼玉県スポーツ推進計画 スポーツを通じた元気な埼玉づくり』(埼玉県教育委員会 2013)
 東京オリンピックの開催決定以前の発行物(決定は2013.9)。
 p6「20歳以上の県民の内、週1回以上スポーツをする人の割合」あり。
 平成13-24年までの数値。出典は「各年度県政世論調査による」とあり。
 p9「埼玉県スポーツボランティアの登録者数」あり。
 平成17-23年までの数値。出典は「埼玉県体育協会調べ」とあり。

『レジャー白書2016』(日本生産性本部編 日本生産性本部 2016)
 p4「フィットネスクラブが史上最大の市場規模を更新」とあり。
 p50「図表1-27 居住地別(県別)参加率 2015年スポーツ部門」あり。 

『最新スポーツビジネスの動向がよ~くわかる本 業界人、就職、転職に役立つ情報満載』(湯浅真弥著 秀和システム 2017)
 p26-27 五輪の莫大な開催費用と跡地利用について記述あり。
 p93 練習場を提供する地方自治体 サッカーワールドカップの事例紹介あり。
 p100-121 スポーツ界のベンチャービジネスの事例紹介あり。

『最新スポーツビジネスの動向とカラクリがよ~くわかる本』(黒田次郎[ほか]著 秀和システム 2010)
 p118-137「スポーツビジネスと行政の深いかかわり」にオリンピックに関する部分あり。

『ニュービジネス白書 2016年版』(日本ビジネス開発 2016)
 埼玉県内企業とスポーツビジネスの事例は掲載なし。スポーツ関連のニュービジネスに関する記事は以下のとおり。
 p130「ニュースポーツビジネス」 陸関連ニュースポーツビジネスの動向として事例あり。
 p168「知育・教育・体育関連ニュービジネス」 子供向けスポーツビジネスの事例あり。
 p182「アスリート向けニュービジネス」

『TDB業界動向 2017-1』(顧客サービス統括部情報企画課編集・制作 帝国データバンク 2016)
 p382-385「スポーツ用品業界」のp383には「スポーツ用品製造・卸売業の動向と展望」には、主要企業の収益、伸び率等の業績が掲載されている。また、「リオ五輪・東京五輪開催効果による好影響を期待」とあり。

《オリンピック・パラリンピックレガシーを考える》( http://www.ssf.or.jp/research/legacy/tabid/292/Default.aspx  笹川スポーツ財団)
 研究レポート「~オリンピック・ロンドン大会の施設整備と後利用~ 吉田 智彦 Tomohiko Yoshida 2015.1」あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 埼玉資料室のNDC分類〈78 スポーツ〉の棚にあたる。
『埼玉県スポーツ推進計画 スポーツを通じた元気な埼玉づくり』(回答資料)
 
2 スポーツ業界関連資料を調査する。
『レジャー白書2016』(回答資料)
『最新スポーツビジネスの動向がよ~くわかる本 業界人、就職、転職に役立つ情報満載』(回答資料)
『最新スポーツビジネスの動向とカラクリがよ~くわかる本』(回答資料)

3 ベンチャー企業関連資料を調査する。
『ニュービジネス白書 2016年版』(回答資料)

4 業界動向関連資料を調査する。
『TDB業界動向 2017-1』(回答資料)

5 インターネット情報を調査する。
《オリンピック・パラリンピックレガシーを考える》( http://www.ssf.or.jp/research/legacy/tabid/292/Default.aspx  笹川スポーツ財団)

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2017年3月16日。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
スポーツ.体育  (780 9版)
産業  (600 9版)
参考資料
(Reference materials)
『レジャー白書2016』(日本生産性本部編 日本生産性本部 2016), ISBN 978-4-8201-2056-8
『最新スポーツビジネスの動向がよ~くわかる本 業界人、就職、転職に役立つ情報満載』(湯浅真弥著 秀和システム 2017), ISBN 978-4-7980-4889-5
『最新スポーツビジネスの動向とカラクリがよ~くわかる本』(黒田次郎、内田勇人著 秀和システム 2010), ISBN 978-4-7980-2590-2
『ニュービジネス白書 2016年版」(日本ビジネス開発 2016), ISBN 978-4-908813-02-3
『TDB業界動向 2017-1』(顧客サービス統括部情報企画課編集・制作 帝国データバンク 2016)
『埼玉県スポーツ推進計画 スポーツを通じた元気な埼玉づくり』(埼玉県教育委員会 2013)
キーワード
(Keywords)
スポーツ産業-埼玉県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000241704解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!