このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000107397
提供館
(Library)
公益財団法人吉田秀雄記念事業財団アドミュージアム東京ライブラリー (4210008)管理番号
(Control number)
2008-0003
事例作成日
(Creation date)
2008年01月25日登録日時
(Registration date)
2012年06月19日 19時20分更新日時
(Last update)
2012年06月21日 14時26分
質問
(Question)
明治末期、三越の広告で「今日は三越 明日は帝劇」のキャッチコピーが入った広告があった。
この広告をカラーで掲載している本が見たい。
回答
(Answer)
この広告は明治44年帝国劇場ができ、大正初年頃から一枚刷りのプログラムを無料で配布。
その中に入っていたもの。
キャッチコピーは『今日は帝劇、明日は三越』。
制作は浜田四郎(三越の広告担当。コピーを考えた)、杉浦非水(図案)。
広告内に出てくる婦人画は竹久夢二。

図版が掲載されている図書
●請求記号:102-YAM
『広告の社会史』(山本武利 著、法政大学出版局、1984)
→p.44~45(関連画像があります)

●請求記号:140.2-NAK
『日本広告表現技術史』(中井幸一 著、玄光社、1991)
→p.135~136(関連画像があります)

閲覧者が探しているカラーでコピーが「今日は三越 明日は帝劇」になっているものは見つからなかった。
キャッチコピー「今日は三越 明日は帝劇」の記述も見つからなかった。
但し、巷では「今日は三越 明日は帝劇」のコピーも有名だったようで、大正9年の流行歌・「コロッケの唄」の
三番の歌詞に入っている。(照会先を参照ください)

その後、購入した資料からは下記のことが判明した。
●請求記号:872-MIN
『帝国劇場開幕』(嶺隆 著、中央公論社、1996)
→p.149 「第三章-第三節 『今日は帝劇、明日は三越』 」

→p.173~180「今日は帝劇、明日は三越」まで に、三越と帝劇とのつながり、浜田四郎がこのコピーを
作るまで、その使われ方などが書いてある。
→p.177 前出の広告のバージョン違いもあった。(関連画像があります)

「今日は帝劇、明日は三越」-2

帝劇のプログラム

「今日は帝劇、明日は三越」-1

帝劇プログラムに出た三越のコピー

「今日は帝劇、明日は三越」-3

帝劇プログラムの三越広告
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
広告.宣伝  (674 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
キャッチコピー
三越
帝劇
浜田四郎
杉浦非水
竹久夢二
照会先
(Institution or person inquired for advice)
d-score 楽譜:コロッケの唄(作詞 益田太郎冠者、作曲者未詳)( http://www.d-score.com/ar/A05022502.html )(2012年6月19日 確認)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
コロッケの唄:益田太郎冠者
三、
  藝者が嫌なら 身受けしてやろ
  帶も買つてやろ
  ダイヤも やらう やらう
  今日は三越 明日は帝劇
  いふて呉れるやうな客がない
  アハハハ、アハハハ
  こりや可笑し
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000107397解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!