このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000264889
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20191108-1
事例作成日
(Creation date)
2019年11月08日登録日時
(Registration date)
2019年11月08日 15時31分更新日時
(Last update)
2019年12月24日 15時05分
質問
(Question)
公共施設などにおける多言語表記について知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料がみつかった。

<図書>
中井精一, ダニエル・ロング編『世界の言語景観 日本の言語景観 : 景色のなかのことば』 桂書房 , 2011.3
本館請求記号: 801.03 - N34

庄司博史, P・バックハウス, F・クルマス編著『日本の言語景観』 三元社 , 2009.3
本館請求記号:810.1 - Sh96

「ことばと社会」編集委員会編 『特集社会言語学再考』 三元社 , 2007.6. - (ことばと社会 : 多言語社会研究 / 「ことばと社会」編集委員会編 ; 10号)
本館請求記号: 801.03 - Ko94 - 10

本田弘之, 岩田一成, 倉林秀男著『街の公共サインを点検する : 外国人にはどう見えるか』 / 大修館書店 2017.
本館請求記号: 801.03 - H84

<観光庁>
「観光立国実現に向けた多言語対応の改善・強化のためのガイドライン」を策定しました(2014年3月5日)
https://www.mlit.go.jp/kankocho/news03_000102.html  (2019/11/08 確認)
「観光立国実現に向けた多言語対応の改善・強化のためのガイドライン」(平成26年3月国土交通省 観光庁)
https://www.mlit.go.jp/common/001029742.pdf   (2019/11/08 確認)
「観光立国実現に向けた多言語対応の改善・強化のためのガイドライン」概要
https://www.mlit.go.jp/common/001029755.pdf   (2019/11/08 確認)

公共交通機関における多言語表記の現状が明らかになりました~交通結節点及びホームページにおける多言語表記の一層の改善に向けて~
https://www.mlit.go.jp/kankocho/news08_000275.html   (2019/11/08 確認)
「公共交通機関における多言語表記」調査結果概要
https://www.mlit.go.jp/common/001284231.pdf   (2019/11/08 確認)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
言語学  (801)
観光事業  (689)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
多言語
多言語表記
Multilingual
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000264889解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!