このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000129050
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2012-114
事例作成日
(Creation date)
2012年11月16日登録日時
(Registration date)
2013年03月16日 16時41分更新日時
(Last update)
2013年05月16日 10時24分
質問
(Question)
埼玉県下の入会地(入会権)に関する資料、情報または土地の共同利用(共同使用)の存在、実態、状況があれば調べたい。
回答
(Answer)

埼玉県下の入会地についての資料は、近世期の資料および入会地のひとつである「秣場」(まぐさば)についての資料を紹介した。

『新編埼玉県史 通史編 3 近世』(埼玉県 1988)p443-483 第3章第3節 「山林・秣場と総論」
p461「秣場利用の実態」「(略)百姓が共同で山野を利用することを、「入会」と呼んでいる。その代表的なものは、(中略)秣場である。」

『新編埼玉県史 通史編 5 近代』(埼玉県 1988)p428-429「官民有林区分」

『新編埼玉県史 資料編 21(近代・現代 3) 産業・経済』(埼玉県 1982)p514-516 「部落有林野入会権解除の状況(抄)」

『新編埼玉県史 資料編 14(近世 5) 村落・都市』(埼玉県 1991)p524-526 男衾郡御正領入会地出入

『埼玉県史料叢書 8 明治期産業土木史料』(埼玉県 1996)p206 入会地ノ整理

大舘右喜「幕末期における評定所「論所地改出役」の裁許について-比企郡玉川郷・鎌形村と竹本村境入会総論を中心に」(『近世史藁 6号』 p48-79  近世村落史研究会  2012)

 
「秣場」についての資料
田村説三「まぐさ場(秣場)の植生とまぐさ場起源の二次林」(『埼玉県立自然史博物館研究報告 12』 p73-82 埼玉県立自然史博物館 1994)まとめとして以下の記述あり。「現在の里山の景観として最も普通な二次林には、まぐさ場という、かつての採草地に起源するものがあること、(以下略)」

豊田浩二「資料による秣場植生の分布調査」(『嵐山町博物誌調査報告 6』79-116 嵐山町教育委員会 2001)嵐山町内に分布する秣場跡地の解明を目的に調査した論文。参考文献あり。p79「(略)昭和初期ごろまでは秣場的な環境が各地に残っていたようである。現在では生活習慣や農業様式の変化、特に化学肥料や農耕機器の普及に伴い、秣場はその必要性を完全に失ってしまった。」とあり。

上記資料の参考文献より下記の資料を紹介した。
『埼玉叢書 6』(稲村坦元編 国書刊行会 1992)p336-339「鬼神宮別当に関する訴訟」廣野村字川嶋(嵐山町)は入会地で秣場であると言う内容の記述がある。

『武蔵国郡村誌 6』(埼玉県編 埼玉県立図書館 1954)p299「鎌形村」「税地 秣場ニ十ニ町一反一畝十ニ歩」

『絵図で見る小川町 小川町の歴史』(小川町 1998)p98「上古寺村を描いた絵図(延宝3年)」「入会草場」「入会馬草場」等の記載あり。p102-103「秣場」「山々の尾根に拓かれた秣場」「村明細帳から見た秣場(草刈場)と刈敷草」「これらの秣場は、永く農民の共同利用・管理の入会地であったが、明治末年から大正にかけて分け地となった。」とあり。p116「江戸時代の村むら(現大字)と秣場の分布」明治初頭の旧土地登記簿台帳の抜粋とそれに基づいた図あり。p145「山の境界の争い -秣場-」

『玉川村植物誌』(玉川村 1995)
p143「草山(秣場)に広がる-林を草山に変えた先人の知恵-」p150-151「生活に欠かせない秣場と村持山のひろがり」p154「草山(秣場)が再び森林に戻る」「かつて広く広がっていた秣場(入会の採草地)も明治になって、次第に個人に払い下げられ、草地は薪炭林に変わっていきました。(以下略)」とあり。 p170「秣場の利用」「後世になって、秣場のうち草地はアカマツ林などに、また撲草地は雑木林へと姿を変えました。」とあり。p214「2.秣場起源の二次林」p232-233「切畑・刈敷・秣場」

『鶴ヶ島町史 自然編 2 鶴ヶ島の植物』(鶴ヶ島町 1990)p80-90「江戸時代初期の村の実態-原野に生きる人々の生活」〈広大な原野〉に入会地、秣場等に関する記述あり。

大友一雄「享保期北武蔵野開発と秣場騒動」(『所沢市史研究 4』p30-60 所沢市史編さん室 1980)

「官有秣場下戻運動」(『名栗村史研究─那栗郷 6号』p6-9 飯能市郷土館 2007)

「〈資料〉官有秣場下戻運動」(『名栗村史研究─那栗郷 6号』p33-57 飯能市郷土館 2007)

『三芳町史 通史編』(三芳町 1986)p143-152「第二節 武蔵野秣場出入」(近世)

『坂戸市史調査資料 4号 坂戸風土記』(坂戸市教育委員会 1979)p51-64「石坂野秣場出入について」(青木美智子)(近世)

『北本市史 3下 古代・中世資料編』(北本市教育委員会 1990)付図 元禄九年秣場論所裁許状裏絵図(石戸宿周辺)(近世)

『埼玉県農地改革の実態』(不二出版 1990)農地委員会埼玉県協議会 昭和24年刊行の復刻版)p246-284「第4章 山村における農地改革と山林解放の意義-秩父郡長若村の山林使用権の問題を中心とする実態調査-」「入会地」についての内容ではないが、埼玉県内の農地改革等についての記述あり。

また、《埼玉県立文書館収蔵資料検索システム》を〈入会権〉〈入会地〉〈秣場〉で検索し関連文書があったため紹介した。
http://www.pref.saitama.lg.jp/soshiki/s28/ 埼玉県立文書館 2012/11/16 最終確認)


回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
関東地方  (213 9版)
民法.民事法  (324 9版)
林業経済.行政.経営  (651 9版)
参考資料
(Reference materials)
『新編埼玉県史 通史編 3 近世』(埼玉県 1988)
『新編埼玉県史 通史編 5 近代』(埼玉県 1988)
『新編埼玉県史 資料編 14(近世 5) 村落・都市』(埼玉県 1991)
『新編埼玉県史 資料編 21(近代・現代 3) 産業・経済』(埼玉県 1982)
『埼玉県史料叢書 8 明治期産業土木史料』(埼玉県 1996)
『近世史藁 6号』(近世村落史研究会  2012)
『埼玉県立自然史博物館研究報告 12』(埼玉県立自然史博物館 1994)
『嵐山町博物誌調査報告 6』(嵐山町教育委員会 2001)
『埼玉叢書 6』(稲村坦元編 国書刊行会 1992)
『武蔵国郡村誌 6』(埼玉県編 埼玉県立図書館 1954)
『絵図で見る小川町 小川町の歴史』(小川町 1998)
『玉川村植物誌』(玉川村 1995)
『鶴ヶ島町史 自然編 2 鶴ヶ島の植物』(鶴ヶ島町 1990)
『所沢市史研究 4』(所沢市史編さん室 1980)
『名栗村史研究─那栗郷 6号』(飯能市郷土館 2007)
『三芳町史 通史編』(三芳町 1986)
『坂戸市史調査資料 4 坂戸風土記』(坂戸市教育委員会 1979)
『北本市史 3下 古代・中世資料編』(北本市教育委員会 1990)
『埼玉県農地改革の実態』(不二出版 1990)
キーワード
(Keywords)
入会地-埼玉県
農地-埼玉県
秣場(まぐさば)-埼玉県
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000129050解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!