このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
金沢市図書館 (2310230)管理番号
(Control number)
玉川-000832
事例作成日
(Creation date)
2020/6/17登録日時
(Registration date)
2020年07月15日 00時30分更新日時
(Last update)
2021年03月10日 00時30分
質問
(Question)
【「果実」という言葉の定義について】  自分が持っている電子辞書に、「卵や牛乳が果実に含まれる」というような記述があった。これは本当か。
回答
(Answer)
『日本大百科全書』25索引巻(11103516)で「果実」をひくと、項目として掲載されていることが分かり、5巻-p199(11076987)を参照した。
以下、引用
「果実 カジツ 法律用語としての果実は、物(元物)から生ずる経済的収益をいう。民法では、果実は天然果実と法定果実の二種があり、両者はその性質・取扱いを異にしている。〈天然果実〉元物の経済的用途にしたがって、収取される産物をいう(民法八八条一項)たとえば、くだもの、動物の子、牛乳、野菜などのように有機的に産出されるものや、鉱物、石材、木材のように無機的に収取されるものが含まれる。」
→質問者は、法律用語の「果実」の箇所を参照したと思われる。

『岩波生物学辞典 第5版』(113428101)を参照。p215「広義には種子植物の~」とあり、植物の器官のことを指す用語として用いていることがわかる。
『農業小辞典』(11800791)には「花の子房や花托等が生長発達したもの。果皮と種子に分けられる」とある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
産業  (6 10版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000284619解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!