このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
2014-16
事例作成日
(Creation date)
2012年10月25日登録日時
(Registration date)
2014年11月12日 16時51分更新日時
(Last update)
2015年08月05日 16時24分
質問
(Question)
ブリの高級感が伝わるようなエピソードや幻の魚と言われる所以が書かれた資料がほしい。
回答
(Answer)
まず「お魚博士」として知られる水産学者・随筆家、末広恭雄氏の著作で、
【資料1】「ハタハタ」(p28-35)の項に
「ところで、なぜハタハタの子をブリ子と呼ぶかというと、それはつぎのような言い伝えがある。
 『採薬使記(さいやくしき)』の中巻に記されている記事の大要だけを書くと―その昔、秋田の藩主佐竹氏が、水戸の藩主であったころ、正月といえばかならずブリを食べたのだが、秋田に転封されてからは産地の関係で、ブリを食べることができなくなってしまった。そこでやむなく、ハタハタをその代用にすることになったそうである。しかし、忘れられないのは水戸のころ食べた正月のブリであった。そこで誰いうとなく、ハタハタの子をブリ子と称して、せめてもの慰めにすることになったのだという。」(初出『魚と伝説』新潮社、1964年)
「ブリ類」(p168-195)の項に
「初ブリやほのかに白き大江山―という句もあるように、ことに初冬から早春にかけて捕れるブリは、俗に「寒ブリ」と称してもっとも美味とされる。古くは日本海に産したものが和船に積まれて、下関から瀬戸内に入り、京阪地方を市場として運ばれたので、関西地方では、関東や東北が新年に塩ザケを供するように、塩ブリが年越しになくてはならないものとして珍重された。
 井原西鶴の『世間胸算用』に描かれた長崎の正月の祝い魚には、タイ、イワシ、タラ、カツオに並んで塩ブリが挙げられているが、塩ザケは記されていない。そして、こうした風習の違いは、現在まで受け継がれている。つまり、東日本の魚屋に新巻ザケがずらりと並べられる年の瀬には、出世魚である寒ブリが西日本の店先に並べられる。
 また、現在でも塩ブリを贈答品にしたり、正月の神前に供える地方は少なくない。江戸時代の大坂で書かれた『日本山海名産図会』には「年始の祝詞にかなえるものなり」とあり、さらに「丹後与謝のブリを上品とする」とある。」
とある。
【資料2】「ブリ」(p579-582)の項に「正月の魚料理に欠かせないのが、北海道、東北・関東地方では「新巻鮭」だが、関西以西では「塩鰤」である。最近は流通の便もよく、関東の風習が全国にも普及し始めているが、サケの上がってこない南関東から西では、この季節よく獲れるブリが美味しいご馳走であった。常陸の国(現在の茨城県)から国替によって出羽秋田の藩主となった佐竹氏も、正月にブリが食べられず望郷の念に駆られたというほどである。もう一つ、成長とともに名前が変わる出世魚という。」とある。
【資料3】「鰤腌(しおづけ)」(p177)の項に「冬春にこれを食べる。脂が多く味は厚い。春月を過ぎると味は変わって食べるに堪えなくなる。丹後のものを上とするが、越中および防州の瀬戸崎(せんざき)・雲州の鱸島(ともしま)のものも佳い。この魚は少時から老いるにつれて名が変わる。初めは江海にあって徐々に大洋に出、また東北海から連行して西海の対州(つしま)で終る。これを出世昇進の魚とし大魚と称する。貴賤ともに歳末の嘉悦の饋物(おくりもの)とする。」とある。
【資料4】「ブリ」(p639-640)の項に「[民俗]西日本では、正月の歳(とし)とり魚に、東日本のサケに対して、ブリを用いている。京阪では、正月に竈(かまど)の上に飾るサカナカケにもブリは欠かせない。雑煮にもゴボウ、ダイコンとともに、ブリを入れる。奈良の春日大社では、新年の供物にブリとサケを用いる。京都市には、塩ブリを肴に用いる神事がいろいろあった。大津市にもブリの馳走(ちそう)で食事をする正月八日の行事があった。関東地方でオブリというのは神に供える魚のことで、この魚をブリとよんだのも、神供に用いたからであろう。
 なお関西などで歳とり魚として好まれるブリは、長野県では「飛騨ブリ」とよばれる。能登(石川県)でとれたブリを、飛騨高山から野麦峠を越えて行商人が背負って運んだためで、産地では「一斗(いっと)ブリ」といって一尾の値がおよそ米一斗であったものが、長野県では米一俵にもなったという。」
とある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
脊椎動物  (487 9版)
水産業  (66 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『末広恭雄選集 4 追補 随筆で楽しむ日本の魚事典 海水魚4』(末広恭雄/著 木村清志/監修 錦秋社 2007年)<当館請求記号497.5/スヤ/2007>
【資料2】『現代おさかな事典 漁場から食卓まで』(山本保彦/編纂 エヌ・ティー・エス 1997年)<当館請求記号R664.6/ヤヤ/1997>
【資料3】『和漢三才図会 7』(寺島良安/〔著〕 島田勇雄〔ほか〕/訳注 平凡社(東洋文庫) 1987年)<当館請求記号031.2/14/7>
【資料4】『日本大百科全書 Encyclopedia Nipponica 2001 20 ふ‐へか』(小学館 1988年)<当館請求記号031/47/20>
キーワード
(Keywords)
ぶり
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000162111解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!