このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
愛媛県立図書館 (2110043)管理番号
(Control number)
2014-02
事例作成日
(Creation date)
2014年4月19日登録日時
(Registration date)
2014年04月19日 11時35分更新日時
(Last update)
2016年12月08日 14時20分
質問
(Question)
愛媛県がキウイフルーツ生産日本一になった背景が分かる資料はないか。
回答
(Answer)
【資料2】によると次のとおり。
“昭和五〇年にはニュージーランドから苗木二〇〇〇本が導入され、県下でも試作が始まり、毎年多くの新植がみられた。特に温州みかんの過剰生産にともなう品種転換作目として、また米の減反政策の影響もあって過熱気味に増植がすすみ、愛媛県は全国一のキウイフルーツの栽培県になった。”
回答プロセス
(Answering process)
1 当館蔵書から「キウイ」で検索し、【資料1】にあたるが、特に記載はなかった。なお、愛媛県への導入については次の記載があった。
“愛媛県へのキウイフルーツの導入は昭和44年,水谷恒雄氏(愛媛県青果農協連合会生産部長)が当時の農林省園芸試験場(平塚市)から穂木を持ち帰り,挿し木育苗したのが初めてである。(p4)”
2 Googleで、「キウイ 愛媛県 栽培 理由」で検索し、参考資料に挙げたサイトを発見。その原本である『愛媛県史』も参照した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
果樹園芸  (625 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『すべてがわかるキウイフルーツ百科 改訂版』(丹原克則/編著 愛媛県青果農業協同組合連合会 1988年)<当館請求記号K625/45>p4~5
【資料2】『愛媛県史 地誌Ⅱ 東予東部』(愛媛県史編さん委員会/編 愛媛県 1988年)<当館請求記号K200/31>p76-77 (愛媛県生涯学習センターデータベース「えひめの記憶」で閲覧可能< http://ilove.manabi-ehime.jp/system/regionals/regionals/ecode:2/32/view/4545 >)
【資料3】『愛媛県史 社会経済1 農林水産』(愛媛県史編さん委員会/編 愛媛県 1986年)<当館請求記号 K200/31>p586-587 (愛媛県生涯学習センターデータベース「えひめの記憶」で閲覧可能< http://ilove.manabi-ehime.jp/system/regionals/regionals/ecode:2/38/view/5346 >)
キーワード
(Keywords)
キウイフルーツ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000152478解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!