このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
長野市立長野図書館 (2310222)管理番号
(Control number)
長野市立長野-15-014
事例作成日
(Creation date)
2015年7月20日登録日時
(Registration date)
2015年09月19日 11時37分更新日時
(Last update)
2016年02月13日 18時00分
質問
(Question)
善光寺の山門と本堂の設計図(江戸時代の東側の立面図・断面図)が見たい。
回答
(Answer)
下記参考資料を提示するとともに、県立長野図書館所蔵の
『重要文化財 善光寺山門 保存修理工事報告書 本文編』
『重要文化財 善光寺山門 保存修理工事報告書 図版編』
を紹介し回答とした。
回答プロセス
(Answering process)
 郷土資料の棚へ行き、善光寺の資料を直接あたる。
本堂については、参考資料①で東側立面(側面)図が確認できたものの、時代の特定ができなかった。
参考資料②に記載されている平面図が『国宝善光寺本堂保存修理工事報告書』からの典拠されたものであったため、他の図面があるかもしれないと思い、館内opacで資料検索したところ当館に所蔵あり。資料を確認したところ、本堂の竣工実測桁行断面図、大正本堂側立面図、大正本堂桁行断面図が掲載されており、いずれも東側からの図面だった。しかし江戸時代ではなく、おそらく昭和と大正の図面だった。
参考資料④にも善光寺本堂側立面図、善光寺本堂桁行断面図が載っていたが、時代の特定はできなかった。

 山門については、参考資料①の見返しに少しだけ西側立面がある程度で、他に載っている資料を見つけることはできなかった。しかし、本堂と同じように修理工事が行われていたことを思い出し、館内opacで【善光寺 山門 修理】と検索するもヒットなし。
県立長野図書館に所蔵があるのではないかと検索し、参考になりそうな資料を発見するも当日は休館日だったため、資料内容の確認はできなかった。

 ここまでの経緯を伝えたところ、江戸時代でなくてもよいということだったので、参考資料①③④と、県立長野図書館で所蔵している資料を紹介。県立長野図書館へは日を改めて直接出向くということだったので、これにて調査終了とした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本の建築  (521)
参考資料
(Reference materials)
①『善光寺の匠と技』相原 文哉/著 銀河書房 1987.08 <N521ア> (p6 東面の本堂側面)
②『善光寺とその門前町』信州大学土本研究室/編 長野市教育委員会 2009.03 <N521セ> (p50 現本堂の平面図)
③『国宝善光寺本堂保存修理工事報告書』文化財建造物保存協会/編 善光寺 1990 <N521コ> (図面 p5 竣工実測桁行断面図 p18 大正本堂側立面図 p22 大正本堂桁行断面図)
④『長野県の国宝・重要文化財 建造物修理工事報告書 Ⅴ 復刻』長野県文化財保護協会/編 郷土出版社 1988 <N521ナ> (p619 善光寺本堂側立面図 p623 善光寺本堂桁行断面図)
キーワード
(Keywords)
善光寺
山門
本堂
修理
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000180166解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!