このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000133500
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20130708-12
事例作成日
(Creation date)
2013年07月08日登録日時
(Registration date)
2013年07月08日 22時19分更新日時
(Last update)
2013年11月02日 16時06分
質問
(Question)
ラファエロについて知りたい。
回答
(Answer)
ラファエッロ Yahoo!百科事典[日本大百科全書(小学館)]
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%AD/
Raffaello Sanzio (Santi)
(1483―1520)
イタリアの画家、建築家。英語でラファエルRaphael。レオナルド・ダ・ビンチ、ミケランジェロとともに盛期ルネサンスの三大巨匠の一人であり、ルネサンス古典様式のもっとも純粋で優美な体現者、イタリア的明晰(めいせき)と調和の結晶、西欧アカデミズム=古典主義絵画の祖とみなされる。画家としてのラファエッロは、驚くべき早熟な天才として、ウンブリアの地方画家からバチカンの教皇庁宮廷画家にまたたくまに登り詰め、最高の社会的栄誉と世俗的成功をほしいままにし、幸福で洗練されたエリート芸術家として、早くから伝説的存在となった。・・・
参考文献
摩寿意善郎編訳『リッツォーリ版世界美術全集 5 ラファエルロ』(1975・集英社)
若桑みどり著『新潮美術文庫 3 ラファエルロ』(1975・新潮社)
J・H・ベック著、若桑みどり訳『ラファエルロ』(1976・美術出版社)
嘉門安雄著『ラファエルロ』(1978・集英社)
D・レディグ・デ・カンポス著、佐々木英也訳『ラファエルロの壁画――ヴァティカン宮』(1984・岩波書店)
A・P・トファニ、P・デ・ヴェッキ著、森田義之訳『ウフィツィ美術館素描版画室蔵 ラファエルロ素描集』(1984・岩波書店)
高階秀爾著『ラファエルロ』(1985・中央公論社)
生田圓著『世界の素描 ラファエロ』(1979・講談社)

ラファエロ コトバンク
http://kotobank.jp/word/%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A8%E3%83%AD (2013/07/08確認)
世界大百科事典 第2版
ラファエロ【Raffaello Santi(Sanzio)】 1483‐1520
イタリア・ルネサンス期の画家,建築家。英語ではラファエルRaphael。ウルビノに生まれ,ローマで没。古典主義絵画の大成者であり,その後西欧絵画の歴史のうえで,最高の範例と仰がれた。 父ジョバンニも画家で,少年時代に最初父から絵画の手ほどきを受けたとされる。次いでペルジーノのもとに学び,おそらくはペルージアのカンビオの壁画装飾に協力,またペルジーノの影響の強い《聖母の結婚》(ブレラ美術館)を描いた。

ラファエッロと古代ローマ建築 : 教皇レオ10世宛書簡に関する研究を中心に / 小佐野重利編 ; 小佐野重利, 姜雄翻訳・注解・解説 東京 : 中央公論美術出版 , 1993 4805502738
http://webcatplus.nii.ac.jp/webcatplus/details/book/2381397.html (2013/11/02確認)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
西洋の建築.その他の様式の建築  (523 9版)
芸術史.美術史  (702 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
Raffaello Sanzio (Santi)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000133500解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!