このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2010-002
事例作成日
(Creation date)
2010/02/25登録日時
(Registration date)
2010年09月11日 02時00分更新日時
(Last update)
2010年09月21日 12時32分
質問
(Question)
「自転車の発祥は本庄」という新聞記事を見たが、このことについてより詳しい情報が知りたい。
回答
(Answer)
下記の資料を紹介する。
『資料館研究紀要 4』(本庄市立歴史民俗資料館 2008)
p1-24 増田一裕著「いわゆる「陸船車」の歴史的考察」
『広報ほんじょう 平成20年4月1日号』
p15「市長コラム -世界最古の自転車機能-門弥の「陸船車」を知っていますか」

「陸船車」の発明者「庄田門弥」については、下記の資料を紹介する。
『本庄歴史缶』
p53「コラム 将軍吉宗に献上した謎の発明家・北堀村の門弥とは」に関連の記述あり。
『本庄人物事典』
p168「門弥」に「門弥家は代々組頭を勤めてきたものであろう。」との記述あり。
『本庄市史 資料編』
近世文書 文書60「天明三年九月 北堀村疲弊につき砂除け扶持願」(庄田家)末尾に「組頭 門弥」の名あり。

インターネット情報として、下記を紹介する。
「本庄ロータリークラブ会報 No.44-13」
http://www.globals.jp/hp/HRotary/kaiho/44-13.pdf  本庄ロータリークラブ 2010/05/20最終確認)
上記『本庄人物事典』の著者柴崎起三雄氏の講演の記録が掲載され、「門弥」の生没年等の年表あり。
回答プロセス
(Answering process)
『読売新聞 2008年4月3日』の記事「自転車発祥は本庄」から、『資料館研究紀要 4』(本庄市立歴史民俗資料館 2008)にあたり、該当論文と参考文献を調査する。
また、それぞれの資料の参考文献から調査する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
運輸工学.車両.運搬機械  (536 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『資料館研究紀要 4』(本庄市立歴史民俗資料館 2008)
『広報ほんじょう 平成20年4月1日号』(本庄市 2008)
『本庄歴史缶』(本庄市教育委員会 1997)
『本庄人物事典』(柴崎起三雄著 2003)
『本庄市史 資料編』(本庄市 1976)
キーワード
(Keywords)
自転車-歴史
埼玉県-本庄市-歴史
庄田 門弥(ショウダ モンヤ)
郷土資料
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
その他
登録番号
(Registration number)
1000071127解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!