このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2002-065
事例作成日
(Creation date)
2002/09/04登録日時
(Registration date)
2006年07月08日 02時12分更新日時
(Last update)
2009年02月10日 15時56分
質問
(Question)
顔の皮膚割線について、図示されている資料を探している。美容関係で使用する。
回答
(Answer)
〈皮膚割線〉とは、真皮層の繊維組織の走行と排列に起因して生じる線で、発見者の名から〈ランジャー線〉とも呼ばれる。
『メローニ図解医学辞典』『エステティシャンのための皮膚科学・脱毛概論』に図と簡単な解説あり。
『体表解剖学』に、図はないが〈ランジャー線〉の説明とともに最近では顔面の表情によって作られる皺線が頭頚部の切開線として採用されている旨の記述あり。
『美容皮膚科プラクティス』に〈皮膚割線〉ではないが、〈皮膚緊張線〉(ストレスライン)の図あり。
『図説人体解剖学 1』には〈顔の筋〉の図あり。
以上を提供する。
回答プロセス
(Answering process)
『医科学大事典 40』〈皮膚割線〉の項を提供するが、図が小さいとのことなので、これより大きな図が掲載されている資料を探す。〈外科学〉及び〈美容〉関係の資料を調べる。
『国会雑索CD-ROM』でも数件ヒットしたが、いずれも専門誌で県内に所蔵がないため確認できなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
外科学  (494 9版)
理容.美容  (595 9版)
参考資料
(Reference materials)
『メローニ図解医学辞典』(メローニ 南江堂 1993)
『エステティシャンのための皮膚科学・脱毛概論』(漆畑修 日本スキン・エステティック協会 1994)
『体表解剖学』(吉岡郁夫 南江堂 1979)
『美容皮膚科プラクティス』(漆畑修 南山堂 1999)
『図説人体解剖学 1 頭部・頸部・上肢・皮膚 第4版』(Johannes Sobotta 医学書院 1996)
キーワード
(Keywords)
皮膚
皮膚割線-顔面
美容-美容皮膚科
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000029516解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!