このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
福井県立若狭図書学習センター (2110046)管理番号
(Control number)
福若-2009-1114
事例作成日
(Creation date)
2009年12月03日登録日時
(Registration date)
2010年01月06日 16時35分更新日時
(Last update)
2010年01月29日 12時53分
質問
(Question)
福井県嶺南地域における、乗合自動車の始まりの頃のことについて書いてある資料を見たい。
 :自動車史家・佐々木烈氏より(お名前の記名ご了承いただきました)
回答
(Answer)
佐々木氏が事前に調査済みのこと以外では、『福井県自動車業界60年史』に当時の関係者の回想録がある。
また、和田~新舞鶴間の乗合自動車に関する資料として、『高浜町誌』ほかの資料がある。
回答プロセス
(Answering process)
① 自館で、「若狭自動車」or「小浜自動車」で検索 → ヒットなし。
② H68*,H537の書架をあたる → 下の関連資料があった。
  ・『福井県自動車業界60年史』福井県自動車史編さん委員会編 1978 (H537/フクイ)
   :福井県内の自動車創世記頃の関係者の回想記中心。小浜の関係者の文章あり。「小浜~敦賀間,和田~舞鶴間」の乗合自動車,
    「小浜自動車」のことなど記載あり。
③ H26*,H27*の書架の資料をあたる → 以下の関連資料があった。
  ・『小浜町誌』小浜市郷土研究会編 1986[大正4年の復刻] (H275/オ)
   :p97~98に「大正2年4月 小浜~敦賀間の乗合自動車2往復」の記載あり。「統計」篇に「諸車」の項目あるが、自動車はゼロ。
  ・『若狭遠敷郡誌』遠敷郡教育会編 1985[大正11年の復刻] (H273/ワ)
   :p627に「諸車表」の項目あり。乗合自動車は「大正7年-3台,8年-1台」。
  ・『敦賀市通史』敦賀市教育委員会編 1974[昭和31年の復刻] (H253/ツルカ)
   :p312に、小浜~敦賀間の乗合自動車営業についての記載あり。*『敦賀郡誌』(1915)の記載をうけている。
  ・『目で見る敦賀・若狭の100年』郷土出版社 1993 (H266/メテミ)
   :p65に高浜駅前・十村駅前の乗合自動車写真が3枚掲載。*この資料、質問者より教示された。
  ・『高浜町誌』高浜町編 1985 (H277/タ)
   :p506~508に、和田~新舞鶴間の乗合自動車営業についての記載・表・写真あり。高浜町小和田の一瀬嘉重がこの営業を行っていたこと
    記述あり。
  ・『郷土誌青郷』郷土誌青郷編纂委員会編 2002 (H277/キヨウ)
   :p208に、和田~新舞鶴間の乗合自動車および一瀬嘉重についての記載あり。P371に一瀬嘉重の来歴があり、事業の一つに「高浜交通社」
    を記載している。
  ・『高浜町の人物史』高浜町教育委員会編 1990 (H287/タ)
   :p53~55に、一瀬嘉重の人物伝あり。「高浜交通社」の記載あり。
④ 大正末~昭和初期頃の資料(地元新聞,職業別明細図など)の広告,市街地図をあたる。
 → 広告には、小浜近辺の自動車業関係の会社・店舗が複数でてくるが、「若狭自動車」「小浜自動車」は確認できない。
   市街地図には下の資料に記載が確認できた。
  ・『最新小浜市街地図』広益社 1935 (H297/サイシ)
   :小浜駅前に「若狭自動車運輸株式会社」「小浜合同運送株式会社」の記載がある。

*回答後、質問者・佐々木烈氏の調査により、一瀬嘉重による「和田~新舞鶴間」の事業について、以下のことが判明した、との連絡があった。
  ・大正2年 「西阪合資会社」(舞鶴町 代表:高岡久吉)により営業開始
  ・大正8年 「西阪合資会社」に一瀬嘉重 出資・入社
  ・大正11年 「一瀬商会」に会社名変更。一瀬嘉重 代表となる。
 また、大正12年発行の『新舞鶴案内』(新舞鶴町役場発行)中の広告に、「自動車営業乗合並ニ貸切」として
 「一瀬自動車営業部(新舞鶴町)」「同営業所(高浜町)」の記載あり。

⇒「日刊自動車新聞」平成22年1月23日 7面に、佐々木烈氏の記事「福井県最初の乗合自動車を検証する」
  が掲載されました。上述の内容を含む、詳しい内容となっています。
事前調査事項
(Preliminary research)
佐々木氏の事前調査、また福井県立図書館における調査で以下の資料より、大正初期に存在した
「若狭自動車株式会社(小浜町)」「小浜自動車株式会社(今富村)」の沿革・概要,取締役の来歴等
について判明した。「若狭自動車」は当初は小浜~敦賀間、後に小浜~今津間の営業を行っていた。
 ・『全国自動車所有者名鑑』東京輪界新聞社(大正4年)
 ・『中部日本の自動車運輸』名古屋鉄道局(昭和5年)
 ・『福井県人之精華』若越県友社(昭和4年)
 ・『福井県議会史 議員名鑑』福井県議会(昭和50年)
 ・「福井県報」大正8年2月26日
NDC
交通史.事情  (682 8版)
自動車工学  (537 8版)
北陸地方  (214 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
乗合自動車
西阪合資会社
一瀬商会
若狭自動車
小浜自動車
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
佐々木烈氏
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000061641解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!