このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
北九州市立中央図書館 (2210015)管理番号
(Control number)
北九2018中央040
事例作成日
(Creation date)
2018年09月24日登録日時
(Registration date)
2018年09月26日 12時50分更新日時
(Last update)
2018年12月06日 17時34分
質問
(Question)
小倉の「石の橋」は、明治時代にはあったのでしょうか。あったとしたら、いつ架けられたのでしょうか。
回答
(Answer)
『紫川マイタウン・マイリバー物語』P167に、『市民のプラザ・石の橋「勝山橋」』の項目があり、「石の橋」は「勝山橋」であることがわかります。同書P170に、「現在の勝山橋は、路面電車を通すため明治四十三年に架けられた」との記載がありました。
『川が変えたまち 紫川マイタウン・マイリバー』P224に、勝山橋について「この橋は明治四十三年路面電車を通すために架けられた。」との記載がありました。
『北九州市史 近代・現代 産業経済1』北九州市史編さん委員会編/北九州市(1991)に九州電気軌道会社による電車開通の記事があり、P388に「四十三年上半期には、軌道の国道工事はすべて竣工し、十月からは軌道敷設工事に着手した。勝山橋が架設され、軌道が敷設された」との記載がありました。
回答プロセス
(Answering process)
『西日本鉄道七十年史』西日本鉄道編/西日本鉄道(1978)、『西日本鉄道百年史』西日本鉄道株式会社100年史編纂委員会/西日本鉄道(2008)には勝山橋の設置に関する記載がありませんでした。
勝山橋は紫川に架けられた橋の一つであるため、「紫川マイタウン・マイリバー」で自館検索したところ上記2点がヒットしました。
この情報の根拠について確認するため、『北九州市史 総目次・総索引』を調べましたが、項目に「勝山橋」はなかったため、『北九州市史 近代・現代 産業経済1』を直接調べたところ、西日本鉄道の前身の一つである会社に関する記述として「九州電気軌道会社の成立」という項目があり、内容を確認したところ記載がありました。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衛生工学.都市工学  (518 9版)
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
北九州市建設局紫川周辺開発室 編 , 北九州市. 紫川マイタウン・マイリバー物語 : 北九州市の新しい挑戦. 北九州市, 1996.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I053956600-00
市川喜男 著 , 市川, 喜男, 1931-. 川が変えたまち : 紫川マイタウン・マイリバー. 北九州市芸術文化振興財団, 2008.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009302228-00 , ISBN 9784990324919
北九州市史編さん委員会 編 , 北九州市. 北九州市史 近代・現代 産業経済 1. 北九州市, 1991.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002174587-00
キーワード
(Keywords)
紫川マイタウン・マイリバー
勝山橋
石の橋
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000242937解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!