このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
吹田市立中央図書館 (2310124)管理番号
(Control number)
吹-40-2019-001
事例作成日
(Creation date)
2019年03月05日登録日時
(Registration date)
2019年08月08日 17時55分更新日時
(Last update)
2020年01月04日 11時11分
質問
(Question)
JR南吹田(みなみすいた)駅に水車のモニュメントがある。そのモデルとなった水車の写真が見たい。
回答
(Answer)
(1)『写真集 明治大正昭和 吹田』(池田 半兵衛/編 国書刊行会 1985.11)p92~p93「南吹田のドンゴロス風車」(A)
(2)『目で見る豊中・吹田の100年』(郷土出版社 1995.10)p79「大井路(おおいじ)の揚水車(ようすいしゃ)」(B)
(3)『南吹田地域まちづくり構想』(南吹田地域まちづくり会議 2008.3)p11「昭和10年 大井路の揚水車(南吹田五丁目付近)」(C)

なお、(A)、(B)、(C)はすべて同一の写真と思われる。
回答プロセス
(Answering process)
まず、当該モニュメントについて確認した。
JR南吹田駅の開業が2019年3月なので、市の広報紙を確認したところ、「市報すいた」2019年3月号p3にイメージ図が掲載されていた。なお、当該ページはインターネット上の「市報すいた」2019年3月号p3(最終確認2019.8.18)でも公開されている。
また、ケーブルテレビの吹田市広報番組をDVDにした『お元気ですか!市民のみなさん 平成31年(2019年)4月1日(月)~4月15日(月)放送』の中の「トピックス おおさか東線南吹田駅開業」のコーナー(27分目から)にモニュメント除幕式の様子があり、モニュメントやモニュメントの案内板「ドンゴロス風車と吹田くわい」が映っている。その案内板に水車らしき写真もある。なお、現在同番組は吹田市ホームページ「平成31年4月前半号 吹田市広報番組「お元気ですか!市民のみなさん」」で見ることができる。

次にモニュメントのモデルとなった写真を探した。
地域資料コーナーより(1)『写真集 明治大正昭和 吹田』、(2)『目で見る豊中・吹田の100年』の内容を確認し上記(A)、(B)の写真を見つけた。(A)、(B)はいずれも南吹田の風車。ドンゴロス布(麻袋の布)を羽の部分に使用した風車の動力で水を揚げ、田に入れるためのもの。
さらに当館の検索機でキーワード「南吹田」で検索して見つかった資料を調査し、(3)『南吹田地域まちづくり構想』p11に(C)の写真があることを確認した。

また、レファレンス協同データベースをキーワード「吹田 水車」で検索すると当館の類似の事例「昔、吹田にあった風車に関する本が見たい。昔、田んぼにあったらしい。」 (最終確認2019.8.18)が見つかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216 10版)
地方自治.地方行政  (318 10版)
衛生工学.都市工学  (518 10版)
参考資料
(Reference materials)
池田半兵衛編 , 池田,半兵衛. 写真集明治大正昭和吹田. 国書刊行会, 1985. (ふるさとの想い出, 303)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I005709656-00
目で見る豊中・吹田の100年. 郷土出版社, 1995.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002486607-00 , ISBN 487670077X
南吹田まちづくり構想. 南吹田地域まちづくり会議, 2008.3.
キーワード
(Keywords)
吹田市(すいたし)
水車(すいしゃ)
風車(ふうしゃ)
揚水車(ようすいしゃ)
南吹田駅(みなみすいたえき)
大阪府(おおさかふ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000259953解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!